週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2018/10/27

遺された家族が幸せになれる!? 終活ムービーって知ってた!

 昨今、巷で話題の「終活」と聞くと…エンディングノートや遺言の書き方などを思い浮かべてしまうのでは。ところが、これまた変わったものがあると聞きつけた。それは、亡くなる前に映像として残しておく「終活ムービー」というもの。
 最大の特徴は、亡くなった後も声や元気な姿をいつまでも見ることができること。事前に撮影しておいた映像は家族のために保存されるだけでなく、お葬式などで流してくれるものという。
 映像で残すことで喜ばれるということをもっと広めたい」と話すのは、大阪を拠点に終活ムービーを手掛ける会社「オーダーメイド」の代表・木瀬さん。
 そんな終活ムービー、映像だけあって値段も高くつくのでは…と考えがちだか、同社では、メッセージ撮影のプランだと79800円(税込)。しかも打ち合わせ、構成、撮影、編集、DVDの送料、交通費など全て込み。
 いつかは必ず訪れる日に備え、あなたの家族や大切な人のために、元気な姿を映像に残しておく。なんてすてきな終活なんだろうかッ!
■映像制作会社のオーダーメイド/門真市御堂町19−5/電話06(6914)4431正午〜午後9時受付(年中無休)


ヤッシー、泰養軒のエベレスト≠ニ初対決!

 当コーナーの古くからの読者なら誰もが知っていることであろう、守口市八雲東町にある中華料理店「泰養軒(たいようけん)」。
 何を隠そう、ここの中華オムライスの大盛りは、かつて当コーナーでデカ盛り巡りをしていたキッシーがあまりのモリモリ様に「まるでエベレストや!」と言ったところ、すっかりメニューの通称となってしまったことで有名だ。
 そんなエベレストこと大盛り中華オムライスに、この度もりかど随一の胃袋を誇るヤッシーが初顔合わせ。10月12日正午、ついにあのエベレストとの初対決のゴングが切って落とされた。
 初めて目にするエベレストに思わずぎょぎょ!となったヤッシーだったが、スプーンを取り始めると、軽快かつクールに食べ進める。すると10分も経たないうちにもう残り1/3程度に。そしてわずか15分弱で完食してしまったのだ!!
 ヤッシーはその後何事もなかったかのように「おいしかったです。ご馳走さまでしたー」と言ってお店を後に。Instagramに載せる余裕すら見せた。完全にヤッシーの完勝だったのだ。
 ヤッシーの胃袋に対抗できる強者が現れるのを編集部は心待ちにしているゾ!
■泰養軒/守口市八雲東町1−5−1
/電話06(6908)5148


地域の皆様に楽しんでもらえることが一番
自然食品の店 山盛屋坂本 代表 小山郁子さん

 京阪大和田駅南側にある「大和田南商店会」が中心となって2年に一度行われる「オワチちゃんまつり」が、今年も11月4日に開催される。これまで同商店会の役員として商店街の発展のために奔走してきたうちの1人が小山郁子さん。
 「大和田」駅南の野里町で四半世紀以上にわたり「自然食品の店 山盛屋坂本」を営む。暖かい地元客たちのおかげで、大和田南の地で店を営み、そして同商店会の顔≠ニして活動してきた。
 ここ数年は門真市民プラザ(門真市大字北島)で行われる「プラザde門真もん市」や生活創造館アズ(同市江端町)の「アズ夢工房」などイベント出店、産直市場「よってって」への出品など、催事に卸しに引っ張りだこ。「私は前向き。お声かけいただけるのは有り難いし、いろんな人にお店を知ってもらえる」とポジティブ思考。実際、お店への来店や注文にもかなり繋がり、同時に小山さんの顔も広がっていった。
 そんな中でも地元の存在が何より大切。「地域の皆さまに楽しんでもらえることが一番」という思いのもと、オワちゃんまつりではカラオケ大会やガラガラ抽選会などで楽しんでもらいやすいコンテンツが豊富だ。「これを機に南商店街のお店のことをもっと知ってもらいたい」と意気込む。
●オワちゃんまつり/2018年11月4日午前10時〜午後4時/会場 大和田南商店街内タイムズ駐車場


パワーアップで毎日シャキーーン

 サクサク用事を済ませて空いた時間で遊ぶ。筋肉がつくと動きが変わる。
運動して筋肉をつけるって言っても楽しくなければ続かない。タマキスポーツジム(ボクシングジム)の会長・玉置さんのトークは絶妙。このお方、テレビに登場。漫画にも登場。白塗りをし女形で舞台に登場などさまざまな経験を持っていらっしゃる。背筋・腹筋だけじゃなく、もれなく表情筋まで鍛えてもらえること間違いなし(笑)。
ボディと時間にメリハリつけてみて。
■タマキスポーツジム/門真市元町27−13/電話06(6904)7227


秋だ! パンだ!! スイーツだ!! もりのみやキューズでぱんまつり

 10月27、28の両日、午前10時〜午後5時、もりのみやキューズモールBASE1階特設会場で「ぱん&スイーツまつり」が開催される。グルメ通記者たちが見つけたパン屋さん、スイーツ店が森ノ宮に集結! 来場者がおいしいと思った商品に投票し、優勝店を決定する。
 同専門店でお買い物をして、ぱんまつり会場でスタンプを集めると抽選で商品券が当たる楽しみも♪ この週末はもりのみやキューズモールへGO!
■ぱん&スイーツまつり実行委員会(週刊大阪日日新聞事業局)/電話06(6454)1199/当日の連絡先090(5368)9389


門真れんこんがアクセサリーに!

 門真を代表する地域農産物の「門真れんこん」。そんな門真自慢の逸品が、なんとアクセサリーに変身を遂げているというのだ!
 「はじめは生活創造館アズで売っていたプラスチックのイヤリングを見て、自分でも作れないかな? と冗談半分で始めたつもりやった」と話すのは、門真れんこんのアクセサリーを手掛けている高場宏美さん。高場さんによると、このアクセサリーは実際に料理で使う門真れんこんを薄切りにしたもののうち、5〜6枚程度残して乾燥させコーティングして作り上げているという。つまり、モノホンの門真れんこんアクセサリー≠ネのだ!
 高場さんはイヤリングやネックレスなどを次々と制作。SNSにUPしたところ、かなり反響を呼び、「商品化とか考えてへん。だけど、いろんなところから声かけていただいている」と高場さん。現在は生活創造館アズの「アズの門真もん」コーナーで販売中!


お祭り大好き門真っ子たち、アズカーニバルで大暴れ!

 南門真エリアの門真民たちの台所「生活創造館アズ」で9月12日に行われた夏まつり「アズカーニバル」。出店やミニSL、門真市民によるステージパフォーマンなどコンテンツも豊富!周辺では知らない人はいないほどの天下のアズだけあって、小雨がパラパラと降る中でも会場は大にぎわい!
 昨年に引き続き、ヤッシーもアズカーニバルへ顔出し。夜7時ごろだったにもかかわらず、聞こえてきたのは、門真っ子たちの威勢のいいはしゃぎ声。中でも地元出身の歌手・道越裕海(みちごえゆう)さんがパフォーマンを披露している間、まるで昭和アイドルのコンサートバリの掛け声を行う門真っ子たちには、さすがのヤッシーも度肝を抜かれた。道越さんもあまりに門真っ子たちの盛り上がりが凄いのか、途中で涙ちょちょぎれそうになっていたほど感動。ラストは門真っ子たちも一緒にオンステージ。会場は過去最高のボルテージだった。


今回大阪初上陸! キュートな雑貨店オープン

 「あれもこれもかわいい♪ほしいっ」と思っちゃう雑貨アイテムがすべて300円!(税別)(一部、除外品あり)。キッチン用品やインテリア、アクセサリーなどあり、ウキウキしちゃう。自分用とお友だちとペアで購入しても、とってもリーズナブルで、たくさん買ってもおサイフに優しい。毎月約300種類の新商品が入荷するとのこと。いつ行っても楽しく目が離せませんね〜。
■イオンモール大日3階 スリーピー/電話06(4252)3564


超豪華カップヌードル

 海の幸をふんだんに使用した創作イタリアンを味わえる「魚ビストロBACU」の隠れた人気メニュー「カップヌードルシーフード〜更に魚介〜」。カップヌードルが580円ってありえへんやんと思ったら、カップから飛び出すほどの大きなエビやタコ、貝などがゴロゴロ盛り付けられて、魚介のエキスがスープに混ざって高級な感じで、意外とお得かも。
■魚ビストロBACU/守口市大日東町15−8/電話06(6906)3737


※読者投稿は、投稿いただいた内容をそのまま掲載しています。サービス内容など変更している場合もございますので、予めご了承ください。


情報提供求む!採用者には500円分のクオカードプレゼント!

 情報が掲載された際には、1件につきクオカード500円分をプレゼント!街の情報とペンネーム、住所、氏名、年齢、電話番号を明記していずれかの方法でお送りください。

はがき・封書
 〒531-0071
 大阪市北区中津6−7−1 4F 週刊大阪日日新聞社「もりかど放送局」係

FAX
 06(6454)1191「もりかど放送局」係

メール
 morikado@pressnet.co.jp

HP
 週刊日日HP上にある投稿フォームから

※採用した情報は、紙面・HPにて紹介させて頂きます※個人情報は週刊大阪日日新聞社が責任を持って管理し、プレゼント発送の際にのみ利用します。


 大阪市、守口市、門真市の商店主様、ご近所や地域住民の方に、お店のお得なサービスをお知らせしませんか。詳しくは週刊大阪日日新聞・編集部【電話06(6454)1199】まで。


pagetop