週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 242,937部

2018/5/26

門真グルメを「超お得」に食い尽くす裏技

 門真市内を食べて飲んで回り尽くすイベント「かどま元気バル」の第9弾が今月から始まった。門真の生き字引ことヤッシーも、意気揚々と500円でバルバッジを購入してバルブックをペラペラと…。ちょっと待った! なんと今回はバルブックに掲載されているお店を7月7日まで2カ月もかけて回れるじゃないか。それに、通常750円以上のランチが500円、通常1500円以上のディナーが1000円など各店とも分かりやすい価格でまとまっている。
 勘のいいもりかど民≠ネら気付いたはず。これはラ◯チパスポートも真っ青になるレベルだ。これなら参加費の500円なんて、あっという間に元が取れちゃうぜ! ロングラン開催とはいえ、バッジは早めにゲットした方がいい。
 詳しくは「第9弾 門真バル」でググってみてくれ。


【検証】守口市駅前に、大手カフェチェーンがない理由

 ホテル・アゴーラ大阪守口1階に「ファゴット」というベーカリーがあります。焼き立てパンと見た目も豪華なスイーツで有名ですが、スコーンが1個80円で販売されています。ホテルで100円以下の買い物ができるって、ありえないでしょ(笑)。しかも、安いのにホテルクオリティだから、めっちゃおいしくて最高なんです! 
 イートインで注文すると、スタッフさんが「(スコーンを)」温めますか?」と聞いてくれるので、お願いすると焼き立てのふんわり食感に♪ 生クリームまで添えてくれて「ホンマにこれで80円?」と思えるぜいたくさ。スコーンに生クリームの甘さが絡み合い、おいしすぎてシ・ア・ワ・セ…。
 お店にはバリスタさんがおられ、コーヒーは注文を受けてから丁寧に淹れてくれる。守口市駅前に、スタバもドトールもタリーズも出店できない理由はまさに、ココにあり!?(めい)


門真をおしゃれな街に
hair salon Picnic 〜ピクニック〜 小野小鈴さん

 「おしゃれが好きで、高校生のころには美容師になろうと決めたんです」
 約15年のキャリアを経て、今年4月に晴れて独立し「hair salon Picnic〜ピクニック〜」を開業した。「ヘアスタイルでおしゃれも変えられる。どうすれば良さが引き出せるか、かわいく見せられるか、を意識しています」とプロ魂をのぞかせる。
 小学5年の娘の母でもある。「娘が小さいころ、働きたいと思ったけれど働けなかった。だから将来的に、このサロンを子育て中のママたちが働ける場にし、次のサロンに復帰するまでのサポートもしていきたい」と、美容師ママの子育てを応援する考えだ。
 高校生のころに引っ越してきて以来、門真市に在住。最近まで地元にあまり興味がなかったが、「門真をよくしたいと思う人たちの影響もあり、ちょっとずつ関心が高まってきた」。日々、門真や周辺のお店やスポットを探りながら、友人たちに紹介し、門真に足を運んでもらえるよう魅力を発信している。
 「友人たちとイベントなどを通じて、門真をおしゃれな街にしたい」。美容師らしい視点で、門真に新しい輝きをもたらしてくれそうだ。


あのカフェにたどり着けた人たち

 ある日、ムーヤンは「たどり着けない店」で話題のカフェ・ド・アンキュイエールに少し遅めのランチに向かった。店のドアを開けると、ランチタイムも過ぎたというのに、店内はお客さんで大にぎわいではないか! 隅っこの空席を見つけて座り、こっそり耳を傾けると、ほとんどが日日新聞を見て来たお客さんだった(私が書いた記事。ウレシー!)。中には、娘からお店の情報を聞き、ネットで調べてなんとかたどり着いた人も。シェフもテーブルを回り、「初めてですか?」と声をかけ、感謝の気持ちを届けていた。
 「体に優しい味で、しかもおいしい」と満足そうなお客さんの姿に、「記事で紹介して本当によかった」と胸がいっぱいに。絶品の料理とご夫婦の人柄にみんな笑顔になれるお店なので、もっと多くの読者に知ってもらいたい。ただ、たどり着けるかどうかは知りませんが…(笑)。
■カフェ・ド・アンキュイエール/守口市金田町2−16−5/電話06(6780)3567


大火事から見事復活!

 古川橋コナミの隣、今年の正月に全国ニュースになった大火事をご存知だろうか。木造2階建ての建物はほぼ全焼。1階にあった50年近くの歴史がある犬の美容室マキノも被害を受けた。しかし、奇跡的に無事だったカルテを元に、20日後には近くで営業を再開。壁紙、床などできるところは自分たちの手で修繕。「お待たせしているお客さまをこれ以上一日たりとも先延ばしには出来ないという一心で走り続けました」。すごい! おめでとう! 前向きな姿に元気をもらった。
■犬の美容室マキノ/門真市中町10−17/電話06(6903)1151


ムーヤン、手持ちのコスメで大変身♪

 女性は毎日、「どんなメイクが自分にあうの?」「人からどう思われているの?」とすごく気になるもの。ムーヤンもその1人で、どんな色味を使えばいいのかホントに分からない…。そんな中で見つけたのが、「今持っているコスメで新しい魅力を引き出してくれる」と話題のメイクレッスンサロン「リュバン」。これは私にピッタリだと思い早速、行ってみた。
 特に変化を感じたのは目元の印象。素肌に近いブラウン系をアイラインに使うだけで、眼の大きさまで変わり、簡単に「整形メイク」ができちゃった。撮影をしてくれた同僚のタカピーも「先輩!めっちゃかわいくなってます!」と驚きを隠せない様子(笑)。
 ただ教えるのではなく、「やってみて」と実践させてくれるので毎日のメイクスキルも上がりそう。「女性はいくつになってもキレイ」でいることを、生涯忘れちゃダメとムーヤンは思ったのであった。
■make-up ruban(リュバン)/門真市大橋町(自宅サロンのため予約の際にお知らせ)/電話072(883)2161


ご飯大盛りがデフォですが、何か!?

 守口郵便局の向かいにある「神衣(カムイ)」という居酒屋さんのランチが超お得です。北海道の漁港から直送されたサーモンとイクラの親子丼(820円)、十勝ホエー豚の定食など、北海道に行かずとも守口で北の大地のごちそうが味わえます。食いしん坊めいちゃんは、ホエー豚の豚丼を注文。甘辛のタレでご飯がススム〜ススム〜♪ テーブルには無料の生卵が置いてあったので、甘辛のタレに卵をからめて頂きました。ご飯は大盛り&お代わり無料なので、2杯目は卵かけご飯にするのもいいですよね♪(めい)


※読者投稿は、投稿いただいた内容をそのまま掲載しています。サービス内容など変更している場合もございますので、予めご了承ください。


情報提供求む!採用者には500円分のクオカードプレゼント!

 情報が掲載された際には、1件につきクオカード500円分をプレゼント!街の情報とペンネーム、住所、氏名、年齢、電話番号を明記していずれかの方法でお送りください。

はがき・封書
 〒531-0071
 大阪市北区中津6−7−1 4F 週刊大阪日日新聞社「もりかど放送局」係

FAX
 06(6454)1191「もりかど放送局」係

メール
 morikado@pressnet.co.jp

HP
 週刊日日HP上にある投稿フォームから

※採用した情報は、紙面・HPにて紹介させて頂きます※個人情報は週刊大阪日日新聞社が責任を持って管理し、プレゼント発送の際にのみ利用します。


 大阪市、守口市、門真市の商店主様、ご近所や地域住民の方に、お店のお得なサービスをお知らせしませんか。詳しくは週刊大阪日日新聞・編集部【電話06(6454)1199】まで。


pagetop