週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2019/4/27

ヤッシーのもりかどさくら探訪2019

 平成最後の桜、多くの人がいろいろな桜スポットに行ったことでしょう。当コーナーの切り込み隊長・ヤッシーもしっかりもりかどの桜を堪能し尽くした!
 ヤッシーは今年、下島公園で行われた「もりぐち桜まつり」に初潜入!まつり最終盤で行われたビンゴゲームで「ビンゴシュート!」と叫んだり、せいぜい楽しんだ模様(もちろんお花見と写真撮りは欠かさなかった)。
 次に訪れたのはパナソニック本社横にある「さくら広場」。約200本ものソメイヨシノ、広場
奥にあるカスケードのコントラストが魅力的なスポ
ット。そこでもヤッシーは最近新調したピンクのミラーレス一眼で写真を撮りまくり! その日の夜にはライトアップされたさくら広場にも姿を見せ、「もりかどナンバーワンの幻想的な夜桜」をカメラに収めていた。ヤッシーによると、今回撮影したもりかどの桜たちはいつか写真展に出展したいそうな。
 おっと、もりかどで撮影した写真はインスタに「#もりぐちさくら」のハッシュタグをつけてUPすること。何かいいことあるらしいぞ!(ヤッシー談)


大枝公園が全面リニューアル!
オープニングフェアに行ってきた!

 リニューアルが進められていた大枝公園の残っていた東側エリアがついに完成し、全面リニューアルとなった!これを記念して「オープニングフェア」が3月31日に行われ、新しくなった大枝公園を一目見ようと、大勢の人が集まった。
 全貌が明らかになった東側エリアの最大の目玉と言えば、中央にそびえる巨大遊具「大枝のとりで」だ。突如現れた巨大遊具に胸を躍らせる大勢の「もりキッズ」たちが列をなすほど大人気を博していた!オープンから数週間経過した今でも人気は衰えず。すっかり「もりキッズ」たちのたまり場と化している。
 そのほか、新しくなった大枝公園に関する詳細情報は本紙11面の記者のネタ帳でたっぷり紹介しているので、そちらを見てくれたまえ!
 おっとヤッシーからひとつ忠告があるぞ!「大枝のとりでは6歳から12歳までが対象だ。間違っても大人は見守るだけにするんだゾ!」
■大枝公園/守口市松下町1−80


二度見される素敵な女性たちを世に輩出 キレイで自立した個人を創る
AKIベリーダンススタジオ代表 森 昭子さん

 「女子力アップ、二度見されるモテ美人に。やりたい事はスグやろう」とのキャッチに共感し、「アキ・スタ」には50人を超えるウエストのくびれた¢蜷lの女性たちが集う。
 土居商店街の中ほどでベリーダンススタジオを開く森昭子さん(46)は、ダンス歴28年。今では、淀屋橋やあびこ、長居でも教室を開講し、講師として数多くの輝く女性を世に輩出してきた。動画塾などの経営コンサルタントも精力的にこなす元気レディーだ。
 名前の昭の字は中国では陽明(太陽の明るい光)の意。漢文の教師だった祖父の思いが込められている。高2の時、大病で母は旅立った。失意の中、友人の母親のダンスを見て、「きらきらして美しい。生きているということを実感した」と言う。
 「ジャンルは何であれ、まずは自分がやってみて、輝くことでまわりも明るくしたい」。ダンサーとして経営者として、輝き続けるAKIKO MORIの原点がそこにある。「ダンスの上達のみならず、自分の可能性を楽しんで、最高の仲間や家族を得てほしい」とキュートな笑顔でほほえんでくれた。今夏には、キッズスクールアイドルクラスも開講。ますます発展が楽しみだ。(ほつう)
■AKIベリーダンススタジオ/電話090(1910)1544/http://akibellydance.com


食べてへんのに… 下町の人情にホロリ

 もりかど放送局でおなじ染み、泰養軒に新米ママ記者こばるんが初潜入を試みた!…が、しかし!
 時は夕暮れ、店内は灯りはつけども、誰もいない…。怯える子ども達…。意を決して店内へ入るも誰も出てこない…。奥から聞こえる中華鍋の音…。必死に呼びかけ、やっと店主が出てきた。聞けば夜は出前ばかりなんだとか。「すぐ準備するから食べて行きー!」と快く受け入れてくれるも、時は遅し…。怯える子ども達の同意を得られず、店を後にした。それなのに、子ども達にお菓子を渡し、「今日はごめんな!またおいでやー!」と笑顔の店主。懐の大きさと、優しさにリベンジを誓ったこばるんであった。そして、夜に同店に行く際は、一報入れておくのをおすすめする!
■泰養軒/守口市八雲東町1−5−1/06(6908)5148


守口にK-POPの聖地現る!?

 京阪「守口市」駅からほど近くにある、コリアン酒場せじょん。ここが密かにK-POPの聖地となっているとの噂を聞きつけた!さっそく新米ママ記者こばるんが潜入してみると…。店内はK-POPミュージックとDVDが流れ、所狭しとK-POPアイドルのポスターが貼られている。そこはまるで韓国にトリップしたような雰囲気。ただのK-POPかぶれとあなどるなかれ!料理もお酒も本場韓国の味。お客さんはK-POP談義に花を咲かせながら、韓国料理と生マッコリに舌鼓をうつそうな。K-POP好きなもりかど女子は1度訪れてみて!
■コリアン酒場せじょん/守口市寺内町2−9−35/電話06(6995)5733


ほっこり幸せになれるパン

 3月30、31の両日に行われた大日ベアーズぱん&スイーツまつりで大盛況だったtetote。パンまつりで食べたよ。って人も食べてない人も。実は柔らかさが変わってしまうためイベントには持っていけなかった人気のパンがあるの知ってた?お店でしか手に入らないこのふわっふわの白いパンの中からはチョコがお目見え。食感で癒やされておいしさで思わず笑ってしまう。これはブーム到来の予感。
■natural bakery tetote/守口市金田町6−22-4/電話 06(7506)2189


ウォーターサバゲー 門真で初開催!

 イオン古川橋駅前店(門真市末広町41−2)屋上で4月27・28の両日、ウォーターサバゲー≠ェ門真市で初開催される。ウォーターサバゲーはウォーターガン(水鉄砲)を使った新しいジャンルのスポーツで、金魚すくいで使う紙を貼ったプラスチック枠(ポイ)にお互いの水をかけあい、相手のポイを撃ち抜く10分間のサバイバルゲーム。参加料は高校生以上800円、小・中学生は500円(小学生未満は参加不可)。
 年齢制限なしで子どもや家族で楽しめるフリースペースエリアは、10分以内に水鬼を倒す水鬼退治(300円)と、的を打ち抜く水射的(200円)が楽しめる(6歳以下は大人1人同伴。付き添い1人無料)。※必ず濡れて良い服装で。簡易更衣室あり。雨天中止。
■主催:若者門真向上委員会 問い合わせ:milcoco0727@gmail.com


金魚すくいで一足早く夏気分

 イオン古川橋駅前店の屋上競技会場(門真市末広町41−2)で5月6日、「第25回全国金魚すくい選手権門真市認定大会」が開催される。同大会は、金魚のまち・奈良県大和郡山市で毎年開催している金魚すくいの名人を決める予選大会で、今大会も上位10人には、8月の全国大会への出場権を獲得できる。当日は屋台や金魚すくいコーナーがあり、一足早く夏を感じながら、未来の金魚すくい名人を応援しよう。
■ラブリータウンスプリングフェスタ実行委員会/070(5066)7066(担当:和田)


【大悲報】「生活創造館アズ」が突然の閉店(>_<)

 新元号発表で湧く中、門真市民に大ショックなニュースが飛び込んできた。なんと門真市民の台所として栄えた門真で唯一だった市場型スーパー「生活創造館アズ」が3月31日をもって閉店したのだ!
 数日前までは通常折り込みチラシも投函されていたといい、4月1日になって閑散とするお店に「閉店しました」と1枚の張り紙。残念ながらエイプリルフールでもなかった。
 とはいえ、40年以上にわたって門真や周辺住民の台所として、新鮮すぎる生鮮品を安価で提供し、日用雑貨、クリーニング店、洋服店なども完備する市場型総合スーパーとして、日々の生活を支え、また地域住民の憩いの場となっていたことには違いない。42年間、心から「ありがとう!お疲れさまでした」とただただお伝えしたい。


※読者投稿は、投稿いただいた内容をそのまま掲載しています。サービス内容など変更している場合もございますので、予めご了承ください。


情報提供求む!採用者には500円分のクオカードプレゼント!

 情報が掲載された際には、1件につきクオカード500円分をプレゼント!街の情報とペンネーム、住所、氏名、年齢、電話番号を明記していずれかの方法でお送りください。

はがき・封書
 〒531-0071
 大阪市北区中津6−7−1 4F 週刊大阪日日新聞社「もりかど放送局」係

FAX
 06(6454)1191「もりかど放送局」係

メール
 morikado@pressnet.co.jp

HP
 週刊日日HP上にある投稿フォームから

※採用した情報は、紙面・HPにて紹介させて頂きます※個人情報は週刊大阪日日新聞社が責任を持って管理し、プレゼント発送の際にのみ利用します。


 大阪市、守口市、門真市の商店主様、ご近所や地域住民の方に、お店のお得なサービスをお知らせしませんか。詳しくは週刊大阪日日新聞・編集部【電話06(6454)1199】まで。


pagetop