週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2018/12/8

潮田玲子さんが指導 

親子バドミントン教室


▲バドミントンの基礎を分かりやすく教える潮田さん(左端)

 北京五輪とロンドン五輪の元バドミントン日本代表、潮田玲子さんが講師を務めるスポーツ教室が11月24日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で開かれ、参加した小学生や保護者らがバドミントンの楽しさに触れた。

 住友生命保険相互会社(本社・大阪市中央区)が主催した。さまざまな競技のトップ選手が、親子を対象にスポーツの楽しさを伝える「スミセイバイタリティアクション」と呼ばれる健康づくりに向けた事業。午前と午後の部を合わせて計約70組、約150人の親子が参加した。

 潮田さんがシャトルの打ち方の手本を見せ、元トップ選手らしい鋭いスマッシュを披露すると会場から歓声が上がった。参加者は打ち方を練習し、潮田さんは「思い切ってラケットを振ってください」などとアドバイスを送った。

 潮田さんは「楽しむ気持ちを忘れずに、親子でこれからも体を動かしてください」と呼び掛けた。


pagetop