週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2018/10/27

全日本選手によるバレーボール教室開催

パナソニックパンサーズが門真にやってきた


▲プロに負けじと強力なスパイクを放つ参加者

 門真ロータリークラブが主催する「バレーボール体験教室」が10月4日、門真市立総合体育館で行われ、指導者としてバレーボールのプロリーグ「V.LEAGUE(ブイリーグ)」1部所属の強豪「パナソニックパンサーズ」から、キャプテンで全日本にも選出されている深津英臣選手、同じく全日本の福澤達哉選手と山内晶大選手ら現役5選手が参加した。


▲熱心に始動する山内選手(右)と専田選手(左)

 教室には地元の小・中学生から高校生、ママさんバレーの選手たち約100人が参加。普段なかなか肌で感じることのできない全日本レベルのプレーヤーを目の当たりにしながら、基本練習からゲーム形式などおよそ2時間バレーに打ち込んだ。

 参加した門真市立第三中学校バレー部の小柳実久さんは、「カバーやアタックが凄かった。アタックなど教えてもらえたことを練習でも生かしたい」、奥田萌々(もも)さんは「細かいところまでしっかり教えてもらえて良かった。(プロは)スパイクの強さやカバーリングは流石だった」と思い思いに感想を語った。

 教室の最後には抽選会やサイン会が行われ、パンサーズの選手らとの交流を楽しんだ。


pagetop