週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2018/10/27

新潟地酒でほろ酔い 

梅田にアンテナショップ


▲オープン初日からにぎわう「新潟地酒処じょんのび」

 新潟県の関西アンテナショップ「じょんのびにいがた」の姉妹店として、期間限定で新潟県の銘酒が楽しめる「新潟地酒処じょんのび」が10月9日、大阪市北区の梅田地下街ホワイティうめだイーストモールにオープンした。同県は「日本酒王国」といわれるだけに、初日から多くの人が訪れにぎわった。11月30日まで。

 「じょんのび」は、新潟地方の方言で「ゆったり」という意味。アンテナショップは、同県の特産品や観光情報をPRする関西の拠点施設として4年前にオープンした。

 今回、期間限定で店開きした「酒処」は「じょんのび」から約50m離れた所に設けた。同県内の89蔵が厳選した季節限定酒や、関西では入手困難な銘柄など約20種類の日本酒を常時確保。期間中は、銘柄を入れ替えながら立ち飲みスタイルで提供する。

 営業時間は午前11時〜午後10時。問い合わせは電話06(6232)8356、「じょんのびにいがた」。


pagetop