週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2018/9/29

「ミス・コスモポリタン・ジャパン2018」

熊本県出身 森田真以さんがグランプリ


▲ミスコンテスト日本大会「ミス・コスモポリタン・ジャパン2018」ファイナリスト

知性、内面美を兼ね備えた日本代表

 関西で唯一のミスコンテスト日本大会「ミス・コスモポリタン・ジャパン2018」(運営事務局 上山真里愛代表)が、北区梅田の梅田HEPHALLで開かれ、ファイナリスト12人の中から熊本県出身の森田真以さんがグランプリに輝き、マレーシアで開催される世界大会(10月19日)に日本代表として挑戦する。

 このミスコンテストは外見をはじめ内面美を最も重視し「人間力」を競うミスコンテスト。審査基準もオープンし、審査得点もフィギュアスケート同様に公開している。今年で開催4年目となる世界大会は Women's Empowerment (女性の社会進出) をスローガンに30カ国以上の国が参加。今年度から世界大会へ繋がる日本大会を、初めて関西で開催した。

 森田さんは2カ月のビューティーキャンプの間、毎週、熊本から大阪へ通いレッスンを受講。今回の大会に挑んだ。8月27日に開かれた大会では日ごろレッスンを繰り広げているボディメイクと英会話を内面からの人間力を交えて披露。審査員からは森田さんの持ち前の忍耐力と希望に満ちあふれた笑顔も評価され、世界大会へつながるグランプリを獲得した。

 森田さんは「誰もが平等に扱われ、ファイナリスト一人一人の思いを大切にしている大会に参加できて良かった。世界大会でも結果を残せるよう日々精進致します」と話している。


pagetop