週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2018/9/29

マツタケ初物 

阪急うめだ本店に入荷


▲店頭に並んだ国産マツタケの初物

 大阪市北区の阪急百貨店うめだ本店に9月14日、待望の国産マツタケが初入荷した。気温がようやく下がってきたのを待って、昨年よりも1日早く登場。秋の味覚を代表する姿と価格が、大勢の買い物客の注目を集めた。

 地下2階にある京野菜「かね松」に午前11時頃、約10本(約500g)が堂々入荷。日本列島を南下するマツタケ前線の本州出発点となる岩手県岩泉町産で、昨年並みの100g(2、3本分)に2万1600円の値が付いた。店頭に並んだ直後、早速買い求める人も見られた。

 かね松では、夏の暑い時季に取れる土用マツタケと区別するために本マツタケと呼んでおり、同店の上田欣司さん (39)が現地と連絡を取り合い、写真で確認しながら成長と収穫を待った。

 「初物は例年並みだったが、これからの丹波産は台風の影響で無事に収穫できるかどうか心配」と話した。


pagetop