週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2018/8/11

グランピング船で本格BBQ 

デッキは全面人工芝 開放感抜群の2時間


▲全面に人工芝を敷いた2階デッキ。両岸の遊歩道やビル群を眺めて、開放感抜群

 手軽で豪華にアウトドアを楽しむ「グランピング」。今や、定番となったアウトドアの新スタイルだが、ついに舞台は水上へ。バーベキューが楽しめる船「MERRY GREEN(メリーグリーン)」が8月1日から就航。一足早く試乗会に参加。大阪市内の川を周遊し、水都・大阪を食とともに満喫した。

 「One Osakaリバークルーズ」(大阪市、堀感治社長)が運営。船の大きさは全長14・16m、高さ3・4mで、最大60人までが乗り込める。

全長8キロコース

 周遊のスタートは、天満橋の八軒家浜船着き場。赤と白で塗装された船に乗り込むと、足元は人工芝のカーペット。「自分だけの公園というイメージです」とマネジャーの藤原久美子さん。デッキに人工芝を敷き詰め、グラマラス感≠演出したという。さらに、1階の船首はステージになっており、ジャズの生演奏、DJパフォーマンスも可能で、パーティー会場としての用途も想定している。


▲日が沈むと水上からの夜景を楽しめる

 周遊ルートは、まずは大川を北へ、大阪市中央公会堂を眺めつつ、難波橋手前でUターン。南は毛馬橋を越えたところで折り返す全長8キロのコースを2時間かけ周遊する。

 猛暑が振るう毎日だが、水上は風が心地よい。特に2階は全面に人工芝が張られ開放感は抜群。両岸の緑が茂る遊歩道やマンション、ビル群を水上から眺めるのも新鮮。暑さが気になるところだが、元は屋形船だけに、1階の室内は空調が入り、快適に川の景色を楽しむこともできる。

ぜいたくな時間

 肝心のバーベキューは、特大グリルを使用する本格派。海鮮や野菜を含む食材セットは、貸し切りは1人5500円から、乗り合いは1人6千円からで、食材・飲料持ち込み自由の「オールフリーコース」もある。

 大阪市内の公園は一部を除いてバーベキューは禁止。「大阪の真ん中で堂々とバーベキューを楽しんでほしい」と藤原さん。まさに、ぜいたく極まりない!!

 就航は午後5時と同7時半の2回。詳細は公式ホームページ(https://merrygreen.jp/


pagetop