週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2018/6/23

再発見! ディアモール コスメストリート


▲働く女性をターゲットにした店舗が多く並ぶディアモール大阪

 大阪・梅田の地下街で多くの買い物客が利用するディアモール大阪(大阪市北区)。通勤途中に気軽に買い物でき、流行の先端を発信し続けるおしゃれな地下街には、働く女性をターゲットとした店も多い。近年は、グランフロント大阪やルクア大阪などの商業施設の立地でファミリー層も目立つ中、ビューティーアイテムがそろう「コスメストリート」として再注目されている。

再注目のコスメストリート

 1995年に誕生したディアモールは、イタリアの街並みをデザインモチーフにして幅広の通路や大理石をふんだんに使った景観が特徴。円形広場を基点に、カジュアル▽マーケット▽バラエティー▽ファッショナブル―の四つの通りで構成され、ファッションや化粧品、アクセサリー、飲食店など約90店舗が並ぶ。

 JR大阪駅北側の複数の駅をつなぐ立地条件の良さから、ターミナルとして1日に36万人が利用。ビジネス街の性質上、仕事帰りに利用する人も多く、客層は女性が55%で30〜40代がメインという。


▲さまざまなメーカーのコスメを扱うショップ

 運営する大阪ダイヤモンド地下街によると、2013年以降、グランフロント大阪やルクア、ルクアイーレなどの施設が近隣に誕生して平日以外の利用形態が変化。平日は少なかったディアモールの利用者数も現在は休日と同数になり、ベビーカーを押す家族連れらの姿も目立ってきた。

 大阪ダイヤモンド地下街は「通路幅が広く授乳室がある赤ちゃんルームもあり、安心してゆったり使ってもらっている」と強調する。従来は百貨店内限定で扱っていた化粧品をディアモール内で扱う店舗も誕生するなど客の動きにも対応。15年には阪急阪神グループなどで使用できるポイントカード「阪急阪神おでかけカード」が利用可能になった。

 利用者からは「スキンケアやファンデーションなどを購入している。百貨店よりも待ち時間が少なく特典があるので好き」(女性会社員、49歳)、「ここは普段使いできてポイントや割引もあり、お得感がある」(女性派遣社員、46歳)との声が上がる。

 6月1日にリニューアルした阪神百貨店への通路がディアモール近くに位置し、青山フラワーマーケットや期間限定店舗「ディアモールロビー」、ファミリーマートの3店舗を新設して百貨店からの誘客も計画している。

 「『ディアモールに行けば、化粧品をしっかり買うことができる』を目指している」と意気込む大阪ダイヤモンド地下街の担当者。「実年齢マイナス10歳感覚のおしゃれ女性≠ェ増えている中で、アラサーやアラフォーが便利に使える場所にしたい」と語る。


きらきら輝くママたちへ
自分の肌に合った化粧品を提案


▲働く女性のニーズに応えるコスメショップ

 次々と新商品が発売され、店内にずらりと並ぶ化粧品やス キンケア用品を前にして「正直どれが良いのか分からない」と悩んだ経験は、女性のあるある≠ナはないだろうか。

 好みや肌質が一人一人違うので、アイテム選びも十人十色。本来なら敏感肌、乾燥肌、汗っかきなどの肌の状態や季節に合わせて選ぶことが好ましいが、「美容のプロに相談したいけど、相談しづらい」「忙しくて専門店に行く時間がない」「お得に買い物したい」と思いながら、女性は仕事や家事、子育てと美容を両立して日常生活をこなしている。

 そんな働き者の女性にお勧めしたいのが、ディアモール大阪(大阪市北区)のコスメストリート=B中央部に店舗を構える「美スギ」は、約20のコスメブランドを取り扱う老舗の化粧品販売店。3月に一部を店舗拡大し、リニューアルした。


▲夏に向けて日焼け止め商品が多く並ぶ

 気軽に美容相談や試し比べができ、通勤途中にも立ち寄りやすい店舗づくりが特徴。美容部員は忙しい女性の要望に応え、短時間であっても「なりたい理想像」や好みのメーカー、価格帯の要望を聞いて顧客に合うアイテムを提案している。

 店舗によると、日差しが強くなるこの時期は「日焼け止め」が売れ筋アイテム。紫外線のカットはもちろん、最近は美白や保湿、エイジングケアの成分含有などプラスアルファ効果≠フある商品が人気を集めている。

 「美スギ・コスメガーデン」「美スギ・SK―U店」など3店舗をまとめる原田真由美店長(34)は、自身も3歳の男の子を育てるワーキングママ。「女性はいつまでもきれいで美しくいたいもの。きらきらと輝く社会人やママを増やしていきたい」と話している。

 毎日通る地下街で、少しだけスマートフォンから顔を上げて通りを眺めてみると、きっとお気に入りのお店が見つけられるはず。


+
pagetop