週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 242,937部

2018/3/24

ゴマフアザラシの赤ちゃん、愛称募集 

海遊館


▲1月27日に生まれたゴマフアザラシの赤ちゃん(2月28日撮影、同館提供)

 大阪市港区の水族館「海遊館」は3月12日、1月27日に同館で誕生した雌のゴマフアザラシの赤ちゃんの愛称の募集を始めた。4月8日まで。

 母親の愛称はダイヤ(推定14歳)で、出産は今回が2回目となる。赤ちゃんは約8キロgで生まれ、ダイヤの愛情を受けて順調に成育しており、現在の体重は約23キロg。「生まれてすぐに泳ぎだした元気な赤ちゃんで、水面にあおむけになって浮かんだり、水槽内からお客さんの方に近寄ったりすることも多い」(同館広報チーム)という。

 愛称は、飼育員が元気いっぱいに成長してくれるように思いを込めた「ひすい」「サンゴ」「こまち」など12の候補の中から、最も多くの票を集めた名前を採用する。

 応募は同館内のホームページ(HP)などの専用フォームから受け付けている。

 愛称を命名した人の中から抽選で3人に、赤ちゃんを間近で見ることができる「スペシャルバックヤードツアー」を、応募者全員の中から抽選で10人に、同館オリジナルグッズをプレゼントする。詳細は同館HPで。


pagetop