週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 242,937部

2018/3/24

ゲーム形式、防災身近に 

家庭の備え、親子ら学ぶ 門真


▲防災をテーマにした謎解きに挑戦する参加者

 門真市の門真市民プラザ体育館では防災をテーマにした謎解き形式のゲームを実施。親子連れなどが問題に挑戦し、災害時の備えや身を守る方法などを学習した。

 イベントは門真市民プラザ生涯学習センターが主催し、週刊大阪日日新聞社などが共催。ゲームには計120人以上の申し込みがあった。

 参加者は南海トラフ巨大地震が発生した場合の被害想定を示すDVDを見た後にゲームに挑戦。動物などの姿が描かれたイラストから非常時に使用するものを連想する問題などを解いていった。

 このほか会場では、各家庭で用意しておくべき備蓄品を紹介。アルファ化米など災害用の食料品をはじめ、簡易トイレやマットなどを展示した。また新聞紙とチラシを材料に使った皿やコップ、スリッパ作り教室も開かれた。火災に備え、ペットボトルのキャップを消火用の水に見立てたバケツリレー体験も行われた。

 同センターは「自分の身を守り、助け合うことをイベントを通して学んで、家庭で共有してほしい」と呼び掛けた。


pagetop