週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 242,937部

2017/12/9

訪問散髪≠ヘ元気の源


▲月1度の散髪を楽しむ利用者

 今、訪問散髪≠ェ高齢者にとっての元気の源になっている。高齢者向け住宅「ハートランド南大阪」(堺市北区北花田町3)では、月に1〜2度ほどのサービスが人気。外に出歩くのが億劫に感じてしまいがちな高齢者にとって、身だしなみを整えることで気持ちが若返り、外出や人とコミュニケーションを取るきっかけになる。

 「さんぱつや」(吹田)の訪問散髪理容師次田さんは、「髪を短くしたい、とだけ言われることが多いので、一人一人に合った髪形を作ることを意識する」という。イスまでの移動や、散髪中の安全を第一に考えて仕事に取り組む。髪を整えた後の利用者の顔が、生き生きとしていくことが多いという。施設長の間吾(まご)美佐子さんは、「引きこもりがちだった人が、外出したいと言い出すことも」と、訪問散髪の成果を語る。

 実際の理容室を描いた映画の大道具のような壁を用意することで、外出したような気分になれる。認知症や失語症があっても、家族と相談の上で利用を決めることができる。訪問散髪が来る時間は、理容師、スタッフ、利用者の笑顔が自然とこぼれていた。

〈問い合わせ〉 さんぱつや電話06(6876)1000、ハートランド南大阪 電話072(246)3616


pagetop