週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 242,937部

2017/11/11

秋祭りで空手の奉納演武 

城東区・野江水神社


▲演舞を奉納した道場生と川端宮司(右)

 城東区野江4丁目の野江水神社(川端政行宮司)で、大阪市スポーツ少年団グループ空手道秀育会の旭秀館(南勝也師範)、秀育館(奥信彦師範)、水神館(川端政行師範)の拳士が形を奉納し、今後の精進と活躍を神様に誓った。

 同神社の秋祭りに合わせて毎年奉納しており、今年は10月20日に行われた。

 各師範のユーモアを交えた紹介で、道場生が練習を積み重ねてきた形を堂々と披露。黒帯の有段者は舞台の上で気合をみなぎらせ、参拝客や保護者から大きな拍手が送られた。

 演武を奉納した小学6年の大西美明さん(2段・旭秀館)は「まあまあ良かったと思う。気持ちが引き締まった。これからも上を目指して頑張る」と気持ちを新たにしていた。水神館では最初に黒帯を締めた小学6年の森楓人君(初段)は「初めて上の舞台で一人で演武して緊張した。黒帯になって責任感が出た。練習を引っ張っていきたい」とこれからの飛躍を誓っていた。


pagetop