週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/11/14

城東区 旧庁舎跡地に救急病院 

医療法人が落札 地元住民は歓迎


▲大阪市城東区の旧庁舎跡地に計画されている救急病院。完成は2024年春(社会医療法人有隣会提供)

 大阪市城東区の旧区役所庁舎跡地活用問題で、救急病院を運営する社会医療法人「有隣会」(同市城東区)が売却先に決まった。救急医療の整備を求めていた住民は「私たちとしてこの結果は良かった」と歓迎した。

跡地売却益は新庁舎の建設費に

有隣会担当「患者のアメニティ向上へ」

 有隣会は、老朽化した地元大阪市城東区の「東大阪病院」を移転する意向。5社が競争入札に参加した10月30日の開札で、29億1111万1115円で落札した。予定価格は11億2060万円だった。

 旧・城東区役所庁舎跡地の活用策を巡っては、医療や高齢者福祉機能を全体面積の「20%」以上とする市の案に対し、住民らで構成する区政会議は「50%」への引き上げを要望。「市場性」を重視する市と「公益性」を望む住民側に意見の相違が生じていた。

 開札結果を受け、区政会議議長の竹内善博さん(82)=聖賢地域活動協議会=は「東大阪病院が頑張ってくれた」と評価。区役所担当者は「予定価格を大幅に上回って売ることができる。地域の要望も踏まえたものであり、望ましい」と話した。

 有隣会担当者は「救急の受け入れを強化し、患者のアメニティーを向上したい」と説明。計画によると、建設する病院施設は8階建て(病床数254)。2024年春の完成・開院を目指す。

 旧庁舎跡地は、「がもよん」の愛称で知られる地下鉄・蒲生4丁目駅に直結し、国道1号沿いに位置。跡地の売却益は、16年3月に業務開始した新庁舎の建設費(約64億円)に充てられる。

■住民への配慮不十分 城東区旧庁舎跡地活用問題 朝川副市長 全区長に異例の訓示

■安藤忠雄デザイン監修 W OSAKA日本初進出 3月16日開業決定

■近大がコラボ自転車 産学連携で開発、商品化

■華麗に全員集合! 100周年向け舞台 OSK日本歌劇団

■御堂筋側道 閉鎖し実験 大阪市、歩行者空間化構想 ミナミ一部区間、28日から

■校舎増築、分校、移転計画 大阪市西区 マンション建設ラッシュ

■心斎橋PARCOが復活 大阪新名所 渋谷、名古屋に並ぶ旗艦店

■こたつでおでん きらめく夜景を眺めながら… あべのハルカス展望台

■ホテルで大はしゃぎのクリスマス! 「パーティメニューをお部屋へお届けプラン」 ホテル ユニバーサル ポート

■月への旅行≠体感 ハービスでクリスマスフェア


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop