週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/10/24

大阪城で「秀吉の生涯」展 

重文指定後初公開5点含む


▲国の重要文化財に指定された秀吉自筆の「辞世和歌詠草」(右)=11日、大阪市中央区の大阪城天守閣

 豊臣秀吉の人生を、名品や書状で紹介する展示会「秀吉の生涯」が、大阪市中央区の大阪城天守閣で開かれている。9月に国の重要文化財に指定された同施設所蔵の「木下家文書」13点のうち、秀吉自筆の「辞世和歌詠草(じせいわかえいそう)」など5点も指定後初めて公開している。11月29日まで。

 日本史上でも屈指の知名度を誇る秀吉の人物像に、同施設の所蔵品を中心に迫ろうと139点を展示。庶民から身を起こして戦国乱世を統一し、神格化されるまでを伝えている。

 「辞世和歌詠草」は、「朝露のようにはかない命であった。大坂でのことも全ての事が夢のまた夢であった」と詠み、万感を込めた様子を感じさせる。京都の聚楽第の完成時に作り、逝去時にすぐに公表できるように侍女に保管させていたという。

 11歳の養子、秀俊に宛てた書状からは、独特のユーモアを交えて教育していた姿がうかがえ、秀吉が使ったと伝わる陣羽織からは西洋文化の影響が見られたりと、多彩な一面をしのばせる史料が並ぶ。

 岡嶋大峰学芸員は「おなじみのストーリーとは異なる、意外な事実が見えてくるかもしれませんよ」と来場を呼び掛けている。

■住民への配慮不十分 城東区旧庁舎跡地活用問題 朝川副市長 全区長に異例の訓示

■安藤忠雄デザイン監修 W OSAKA日本初進出 3月16日開業決定

■近大がコラボ自転車 産学連携で開発、商品化

■華麗に全員集合! 100周年向け舞台 OSK日本歌劇団

■御堂筋側道 閉鎖し実験 大阪市、歩行者空間化構想 ミナミ一部区間、28日から

■校舎増築、分校、移転計画 大阪市西区 マンション建設ラッシュ

■心斎橋PARCOが復活 大阪新名所 渋谷、名古屋に並ぶ旗艦店

■こたつでおでん きらめく夜景を眺めながら… あべのハルカス展望台

■ホテルで大はしゃぎのクリスマス! 「パーティメニューをお部屋へお届けプラン」 ホテル ユニバーサル ポート

■月への旅行≠体感 ハービスでクリスマスフェア


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop