週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/10/10

阪急うめだ本店に食べるスムージー

カゴメ直営店 16日オープン


▲5種類のフレーバーと複数の組み合わせが用意された「食べるスムージー」

 大阪市北区の阪急うめだ本店地下1階洋菓子売場に、カゴメの直営店舗「カゴメ グリーンズ キャッチザレインボー」が10月16日にオープンする。


▲ケールグリーン、マンゴーアセロラ、ピーチざくろ(写真)、ベリーアサイー、パッションオレンジの5種類

 野菜と果実を凝縮したスムージーを一口サイズのゼリー状にしたスイーツの新商品「食べるスムージー」を発売。常温保存でき、いつでもどこでも食べられる5種類をそろえ、異なる濃厚食感や色合いが楽しめるオンリーワンのおいしさを提供する。1袋6個入りで各540円。贈答用のレインボーギフト(3袋入り1620円、6袋入り3240円、ともに箱代は別料金)なども用意している。

 店舗には野菜摂取の充足度を測定する機器「ベジチェック」も設置。センサーに手のひらを当てることで推定野菜摂取量が数値で表示される。

 阪急阪神百貨店阪急本店フード商品統括部の星野大輔さんは「時代の価値観、空気感に強く共鳴する顧客を獲得したい」、カゴメの山口聡社長は「お客さまの食生活改善のお役に立てる場になれば」と、それぞれ期待を寄せた。

■都構想、懸念を表明 大商定例会見「住民が判断を」

■「私と夫の立場に立って」 妻の赤木雅子さん 法廷で意見読み上げ

■商店街支援に50万円 GoTo商店街 府が独自上乗せ

■万博の教育プログラム始動 小中向け独自教材開発

■防災、社会保障、教育にリスク 専門家指摘

■そして新万博へ 1970年大阪万博50周年式典

■薬剤師が足りない 業界研究 求人倍率は未だ3倍超。過剰時代は本当に来るか?

■「敷居が高い」の意味は? その慣用句、使い方を間違っているかも

■阪急うめだ本店に食べるスムージー カゴメ直営店 16日オープン


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop