週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/10/10

薬剤師が足りない 

業界研究 求人倍率は未だ3倍超。過剰時代は本当に来るか?

 石原さとみさんが薬剤師役で登場するフジテレビドラマ「アンサング・シンデレラ」や、多部未華子さんが製薬会社のMR役で出演するTBSドラマ「わたナギ」(私の家政夫 ナギサさん)など、何かと注目の薬剤師。超高齢化社会で医療ニーズが高まる日本で今、この健康を守る薬剤師が不足しているのをご存じだろうか。時給2000円以上でも、なかなか人が集まらない現状を取材した。

2025問題を控え、ますます需要が高まる

 「パート薬剤師さん大募集! 時給2500円。1日6時間ほど働ける方を歓迎します」―。

 大阪市住吉区の調剤薬局に掲示された求人の張り紙。「時給を上げたが、全く応募がない」と同薬局のオーナーは嘆く。

 過去、「2021年頃には薬剤師が余る」いう予測もあった。06年に薬学教育6年制がスタートし、薬学系の大学・学部・学科が急増。薬剤師を目指す受験生が増えたからだ。

 確かに数字上は、00年に約21万7000人だった全国の薬剤師数が、18年末時点で約31万人に増えた。有効求人倍率も16年の6・6倍から今年2月には3・41倍に低下している。ただ、一般的な仕事の1・45倍に比べれば需要は高く、売り手市場には変わりない。

 「感覚的には人手不足の職場がほとんど。特に地方や薬学部がないエリアの薬剤師不足は深刻」(大阪市内の薬局店オーナー)と話している。

ドラッグストア急増も一因

 過去に何度も「薬剤師過剰時代がやって来る」と言われて来たのに、なかなか解決しないのはなぜか。一つはドラッグストアの急増だ。

 ドラッグストア業界の19年度売上額は7兆6859億円で、店舗数も2万店を超え増加傾向。増え続けるドラッグストアに調剤薬局が併設されることで薬剤師が必要になり、深夜営業で人数も必要になる。

 また、潜在薬剤師や休業薬剤師がいるのも要因の一つだ。薬剤師の61・3%は女性で、結婚や出産を機に仕事を辞め、そのまま就業していないケースも多い。「潜在薬剤師は約9万人で、うち3割は働き盛りの20〜40代といわれる」(大阪市内薬局経営者)。

 このため、薬局によっては時短勤務や保育施設の提供など職場環境を整え、眠っている労働力を掘り起こす動きも出ている。

対物から対人業務へ

 有効求人倍率の低下が示すように、今後は薬剤師は不要になっていくだろうか。いや反対に、薬剤師の役割は大きくなってきているといえる。

 その理由は、国が16年にスタートさせた「かかりつけ薬剤師」制度だ。 薬剤師の業務はこれまで、処方せんの受け取りから調整、報酬算定、薬剤監査・交付、在庫管理など「薬中心」だったが、これを服薬指導などの「患者中心」に、いわゆる対物から対人へと転換していく必要があるからだ。

 背景には、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年問題がある。医療ニーズが加速することから、軽度な体の不調を自分で手当てする「セルフメディケーション」や在宅医療のスタイルになっていくことで、薬剤師の需要はますます高まるからだ。

 大阪と尼崎に6店舗の調剤薬局「プラス薬局」を経営する中岡篤俊さんは「採用したいのはスキルのある薬剤師。転職を繰り返す渡り薬剤師≠ヘ経営者として使いづらい。『患者さん中心』の業務スキルに重点をおいて人材採用を行っている」と話している。

■都構想、懸念を表明 大商定例会見「住民が判断を」

■「私と夫の立場に立って」 妻の赤木雅子さん 法廷で意見読み上げ

■商店街支援に50万円 GoTo商店街 府が独自上乗せ

■万博の教育プログラム始動 小中向け独自教材開発

■防災、社会保障、教育にリスク 専門家指摘

■そして新万博へ 1970年大阪万博50周年式典

■薬剤師が足りない 業界研究 求人倍率は未だ3倍超。過剰時代は本当に来るか?

■「敷居が高い」の意味は? その慣用句、使い方を間違っているかも

■阪急うめだ本店に食べるスムージー カゴメ直営店 16日オープン


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop