週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/10/10

10月から暮らし変わる 家計に厳しい秋

第三のビール£l上がり NHK受信料は引き下げに

 10月から暮らしに関わる税額や料金が見直された。増税で割安な第三のビールやワインに加え、たばこが値上げに。生活保護の一部世帯で食費などに充てる「生活扶助」も減額された。一方、NHK受信料は引き下げ。庶民生活者にとっては厳しい秋になりそうだ。

年金も月2700円の負担増に

 10月から暮らしに関わる税額や料金が見直される。増税で割安な第三のビールやワインに加え、たばこが値上げされる。生活保護の一部世帯で食費などに充てる「生活扶助」も減額される。一方、NHK受信料は引き下げ。庶民生活者にとっては厳しい秋になりそうだ。

 安さで人気の第三のビール≠フ税額は350ミリリットル缶1本当たり9・8円、ワインはボトル1本(750ミリリットル)当たり7・5円それぞれ引き上げ。

 一方、ビールの税額は350ミリリットル缶1本当たり7円、日本酒は一升瓶1本(1800ミリリットル)18円それぞれ下がる。2026年にはビール、発泡酒、第三のビールの税額は約54円に統一される。

 たばこも値上がりする。紙巻きたばこが1本あたり1円増税され、1箱(20本)当たり20円の増税。加熱式たばこや軽量の葉巻たばこも増税となる。

 厚生年金加入者で月収63万5千円以上の加入者は自己負担が月額約2700円増える。9月分を10月給与から天引きする。

 NHK受信料は地上波のみの契約者が口座やクレジットカードで支払う場合、月額35円、衛星契約も含む場合は同60円下がる。

 生活保護の一部世帯で食費や光熱費に充てる「生活扶助」が減額になる。

 自己都合で会社を辞めた人が失業手当をもらえるまでの期間を3カ月から2カ月に短縮する。

■都構想、懸念を表明 大商定例会見「住民が判断を」

■「私と夫の立場に立って」 妻の赤木雅子さん 法廷で意見読み上げ

■商店街支援に50万円 GoTo商店街 府が独自上乗せ

■万博の教育プログラム始動 小中向け独自教材開発

■防災、社会保障、教育にリスク 専門家指摘

■そして新万博へ 1970年大阪万博50周年式典

■薬剤師が足りない 業界研究 求人倍率は未だ3倍超。過剰時代は本当に来るか?

■「敷居が高い」の意味は? その慣用句、使い方を間違っているかも

■阪急うめだ本店に食べるスムージー カゴメ直営店 16日オープン


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop