週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/9/12

大阪市立高21校の移管計画案 

3工業高再編

 大阪府教育委員会は31日、大阪市立高校計21校を2022年4月に府へ移管するための計画案を取りまとめた。「泉尾」(大正区)「東淀」(淀川区)「生野」(生野区)の3工業高は再編整備し、移管後に新校を開設。枚方市の「大阪市立高」の校名は「大阪府立いちりつ高(仮称)」とした。中高一貫校2校の中学の応募資格は市内在住から府内全域へと拡充する。

 3工業高の再編整備は、入試での定員割れの状況を踏まえた大阪市の審議会の答申を踏まえた。人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)の技能習得をはじめ、英語教育を充実させた新校開設を目指す。募集停止や新設の時期は今後検討する。

 「いちりつ」の校名案は、学校側の意見を受けつつ市教委との協議で決定。中高一貫校の「咲くやこの花」(此花区)と「水都国際」(住之江区)は、府立に移管するため中学の通学区域も変更した。

 商業系は、各校の独自性に着目して魅力化を図る方針。「大阪ビジネスフロンティア」(天王寺区)はより進学に特化▽「淀商業」(西淀川区)はボランティアなどの地域密着▽「鶴見商業」(鶴見区)は商品開発▽「住吉商業」(住之江区)は観光ビジネス−といった教育活動を挙げた。

 普通科系では、「南」(中央区)「西」(西区)「扇町総合」(北区)の3校については、「桜和」(北区)の新設に伴い22年度入試から募集停止する。

 移管に必要な条例の一部改正は9月定例府議会で行い、教育内容の方針などは議会での意見聴取を経て21年1月の府教委会議で正式決定する。

■コロナ緊急雇用対策 失業者採用で25万円 府が事業者に支援金

■「救急医療」の整備、実現せず 旧城東区役所の跡地活用問題

■大谷大が国際学部新設へ 教育に地の利生かす

■多人数の宴会 10/9まで自粛を 大阪府が要請期間を延長

■堂本光一さん舞台上演中 ステージ立てる喜び胸に

■コロナ解雇 大阪は5323人に 全国で5万4000人超に

■家計の金融資産 1883兆円に 外出自粛や給付金で高水準

■スパイダーマン 「貴重な品見て」 衣装やフィギュア

■アスリートも注目 「スポーツ科学コース」 近畿医療専門学校で21年春設立

■いじめ第三者委常設へ 発生後速やかに対応

■守口市立図書館OP記念式典 市初の「市立図書館」

■菅首相誕生 吉村知事が期待 「大阪にとってものすごくプラス」

■大阪市 2500人の「隠れ待機児童」 待機児童数減≠ネのに、なぜ苦戦?

■10月からビール安くなる? 新ジャンルは値上げ濃厚

■LUCUA大阪に 初のアウトドアゾーン 9/1オープン


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
pagetop