週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/8/8

「冬の陣屏風」大阪城で公開 

鮮やかデジタル復元


▲デジタル想定復元した大坂冬の陣図屏風に見入る来場者ら=7月23日、大阪市中央区の大阪城天守閣

 1614(慶長19)年の大坂冬の陣の様子を描いた「大坂冬の陣図屏風(びょうぶ)」のデジタル想定復元が7月23日、大阪市中央区の大阪城天守閣で公開された。同屏風は江戸時代後期の模写本が東京国立博物館に所蔵されるのみで、原本の行方は分かっていない。デジタル想定復元は凸版印刷(東京都)のプロジェクトで昨年完成し、関西では初めてのお披露目になる。

 同屏風は6曲1双で、各縦約1・7メートル、横約3メートル。復元にあたり奈良大の千田嘉博教授(城郭考古学)らが監修、大阪城天守閣などが協力した。

 デジタルで彩色、手作業で金箔(きんぱく)や金銀泥を施し、仕上がりはまさに“豪華絢爛(けんらん)”。本丸御殿にいる豊臣秀頼と母の淀殿らしき人物の姿や、真田出丸の攻防戦の様子などが分かる。

 今回のお披露目は、夏の展示(10月7日まで)の一環で、同屏風の肉筆模写(大阪城天守閣蔵)と、国の重要文化財にも指定されている大坂夏の陣図屏風(同)とともに展示。ほかに冬の陣、夏の陣で活躍した武将の甲冑(かっちゅう)や関係資料など計42点が並ぶ。

 大阪城天守閣の北川央館長は「色鮮やかに復元された冬の陣図屏風を見ることで、約400年前に描かれた夏の陣図屏風についても完成した時を思い浮かべ、経年の変化を楽しんでいただきたい」とアピールしていた。

■コロナ緊急雇用対策 失業者採用で25万円 府が事業者に支援金

■「救急医療」の整備、実現せず 旧城東区役所の跡地活用問題

■大谷大が国際学部新設へ 教育に地の利生かす

■多人数の宴会 10/9まで自粛を 大阪府が要請期間を延長

■堂本光一さん舞台上演中 ステージ立てる喜び胸に

■コロナ解雇 大阪は5323人に 全国で5万4000人超に

■家計の金融資産 1883兆円に 外出自粛や給付金で高水準

■スパイダーマン 「貴重な品見て」 衣装やフィギュア

■アスリートも注目 「スポーツ科学コース」 近畿医療専門学校で21年春設立

■いじめ第三者委常設へ 発生後速やかに対応

■守口市立図書館OP記念式典 市初の「市立図書館」

■菅首相誕生 吉村知事が期待 「大阪にとってものすごくプラス」

■大阪市 2500人の「隠れ待機児童」 待機児童数減≠ネのに、なぜ苦戦?

■10月からビール安くなる? 新ジャンルは値上げ濃厚

■LUCUA大阪に 初のアウトドアゾーン 9/1オープン


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
pagetop