週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/7/25

プロデューサーに落合陽一氏ら 

大阪・関西万博


▲2025年大阪・関西万博のプロデューサーに就任した藤本さん(右端)ら=13日、大阪市北区

 日本国際博覧会協会は7月13日、2025年の大阪・関西万博の成功に向けて魅力を高め、世界にメッセージを発信するプロデューサー10人を発表した。建築家の藤本壮介氏やメディアアーティストの落合陽一氏らが選ばれた。

 藤本氏は万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」に関し、会場のデザインを通して実現する会場デザインプロデューサーを担う。万博の成功に向けて運営を担当する会場運営プロデューサーには、プランナーの石川勝氏が就任した。

 万博のテーマを「いのちを知る」「いのちを育む」などの八つのテーマに分け、それぞれを担当するテーマ事業プロデューサーには、生物学者の福岡伸一氏▽アニメーション監督の河森正治氏▽映画監督の河瀬直美氏▽放送作家の小山薫堂氏▽大阪大名誉教授の石黒浩氏▽音楽家で数学研究者の中島さち子氏▽慶応大教授の宮田裕章氏―が選ばれた。

 藤本氏は「世界の記憶に残る万博の風景をつくりあげたい」と語り、宮田氏は「未来社会のビジョンが、これ以上求められている時代は近年なかった。次の未来をつくることに貢献したい」と意気込みを口にした。

 プロデューサー決定に、大阪商工会議所の尾崎裕会頭は「幅広い視点で技術やアイデアを取り入れ、未来社会の実験場として社会課題の解決策を世界に示してほしい」と期待を寄せた。

 大阪・関西万博は、25年4月13日〜10月13日に大阪市此花区の夢洲で行われる。

■展望台で縁日気分 あべのハルカス「天空夏祭り」

■二度と戦争へ逆戻りしない 「模擬爆弾」の犠牲者追悼

■大阪都構想 協定書を正式決定 府市議会で今月議決 11月1日住民投票へ

■JR西、教育設備の充実進む VRで安全学ぶ

■コロナ禍の私立中学説明会スタート 情報通信技術(ICT)教育への期待増

■「冬の陣屏風」大阪城で公開 鮮やかデジタル復元

■福盛訓之氏に市政功労者表彰 四條畷市

■新型コロナウイルスが感染拡大中の大阪 都構想の住民投票は


pagetop