週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/6/27

さらなる安全安心に 

在来線特急に空気清浄機 JR西日本

 JR西日本は、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を踏まえ、乗客のさらなる安全安心につなげるため、在来線特急約600両に空気清浄機を搭載する。

 新幹線や特急の車両など、同社が保有している車両全体の約8割は換気装置や空調装置によって、自動で換気が行われている。空気清浄機の搭載は、乗客の感染症への不安解消につなげる狙いがある。

 空気清浄機を搭載する特急車両は、停車駅間の走行時間が長く、乗客自身で窓を開けられない構造の車両となる。

 対象となる車両は、豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」や長距離列車「ウエストエクスプレス銀河」、関空特急「はるか」、大阪と北陸を結ぶ「サンダーバード」など。

 新たに搭載する空気清浄機は、光触媒と紫外線を組み合わせた機能を備え、車内の空気を脱臭、除菌、ウイルス除去して、循環させる。

 9月以降に順次搭載を始め、2022年度末までの完了を目指す。搭載した車両はピクトグラムのシールを貼る。

■大阪発 ザ・論点 国はコロナで「力」使い果たすな

■注目度高まる吉村知事 新型コロナ対策で矢継ぎ早の対策

■売上急減の事業者に家賃6カ月分を給付 2次補正予算成立

■“DiDi Food”が大阪上陸 「コロナに負けない!」飲食店の強い味方

■都構想制度案可決 本質反映、胸張る 二重行政解消、役割分担を明確化

■門真の人たちをひとつに─ 折り鶴12万羽プロジェクト

■大阪へ「いらっしゃ〜い」 府内宿泊 2500円還元 観光業支援キャンペーン

■大阪マラソン中止 3密対策見通せず

■世界環境デー in 大阪 極意論スペシャル 参加者募集

■抗体保有率 大阪0・17%どまり

■「づぼらや」閉店へ 通天閣社長「相方失ったような気持ち」

■都構想の実相 議論深めて 甲南大学名誉教授、高寄さん地方自治本出版

■IR開業「1―2年遅れ」 コロナ影響 松井市長が言及

■コロナで売上急減の事業者 家賃6カ月分を支援 2次補正で「家賃支援給付金」

■飲食店にレジ袋提供 阿倍野区のパッケージ製造会社

■学校再開 感染防止を徹底 分散登校、マスク、フェースシールド…

■飲食店主らCFに挑戦 大阪応援バル「OSAKA AID」開催へ 「再び客が集まる仕組み」を

■19年生まれ 最少の86万人 厚労省人口動態統計

■彩り 涼しく 長居植物園 ハナショウブ

■飲食店に追跡アプリ 府のシステム登録で利用


pagetop