週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/6/27

“DiDi Food”が大阪上陸

「コロナに負けない!」飲食店の強い味方


▲配達員の専用バッグは、温製と冷製料理を分けて収納できる

 「食い倒れの街」と称される大阪は食への関心が強く、飲食店の数が全国でもトップクラスに多い。ところが、昨今の新型コロナウイルス禍の影響で、消費者は自宅にいることを余儀なくされ、地元の飲食店は客足が激減していることに不安を募らせている。そんな飲食業界の強い味方となる新しいデリバリーサービス “DiDi Food”が4月7日からスタートしたので紹介したい。

“DiDi Food”ってどんなサービス?


▲“DiDi Food”アプリで料理を注文するだけ。「玄関先に置いてください」と、非接触配達にも対応。

 簡単にいうと、有名レストランやなじみのある大手飲食チェーン店の料理が自宅で楽しめるフードデリバリーアプリ“DiDi Food”だ。

 自宅やオフィスで食事を済ませたいときはもちろん、悪天候であったりや体調が悪い、子連れてレストランに行きづらい、共働きで家族の食事時間が合わないなどのときに便利なサービスとなっている。

 同アプリを使って客がレストランを探し、メニューを決めた後、クレジット決済をして注文が確定する。交通ルールや接客マナーなどの研修を終えた宅配員が料理を自宅までスピーディーに届けてくれる。

 5月より加盟店として加わる予定のがんこフードサービスの広報担当者は「出前や宅配のない店でもサービスを開始できるのはありがたい」と賛同しており大阪での加盟店は日々増えている。

なぜ大阪に上陸?

 以前より「タクシー配車アプリ」を運営していた同社。このアプリ内に実験的に大阪限定で食サービス情報も掲載していたところ、大ヒット。効率の良いルート選びや渋滞情報などを解析する人工知能(AI)搭載のシステム開発も進み、いよいよフードデリバリーの運用開始の準備をしていたところ、新コロナ禍の影響もあり大阪での宅配事業が一気に注目され始めたのだ。

 当初の予定を軌道修正した「完全なノンタッチシステム」は、あらかじめカード決済を行うことで「対人接触感染」や「現金感染」を防ぐほか、玄関の扉を開けずに商品を置くことで、女性がノーメークでも受け取りができるという気軽さがある。また、配達員がどこを走っているのかがリアルタイムで分かり、商品の到着もアプリで知らせてくれるので、まるでゲーム感覚でデリバリーを楽しめる。

 同社、本部長の関口良幸さんは「配達員全員にマスクを着用してもらうなど大変ですが、地元飲食店と一緒にこの局面を乗り切りたい」と話していた。

■DiDi Food パートナーハブ 中央区北久宝寺町4丁目4-2 本町コラボビル1階

■大阪発 ザ・論点 国はコロナで「力」使い果たすな

■注目度高まる吉村知事 新型コロナ対策で矢継ぎ早の対策

■売上急減の事業者に家賃6カ月分を給付 2次補正予算成立

■“DiDi Food”が大阪上陸 「コロナに負けない!」飲食店の強い味方

■都構想制度案可決 本質反映、胸張る 二重行政解消、役割分担を明確化

■門真の人たちをひとつに─ 折り鶴12万羽プロジェクト

■大阪へ「いらっしゃ〜い」 府内宿泊 2500円還元 観光業支援キャンペーン

■大阪マラソン中止 3密対策見通せず

■世界環境デー in 大阪 極意論スペシャル 参加者募集

■抗体保有率 大阪0・17%どまり

■「づぼらや」閉店へ 通天閣社長「相方失ったような気持ち」

■都構想の実相 議論深めて 甲南大学名誉教授、高寄さん地方自治本出版

■IR開業「1―2年遅れ」 コロナ影響 松井市長が言及

■コロナで売上急減の事業者 家賃6カ月分を支援 2次補正で「家賃支援給付金」

■飲食店にレジ袋提供 阿倍野区のパッケージ製造会社

■学校再開 感染防止を徹底 分散登校、マスク、フェースシールド…

■飲食店主らCFに挑戦 大阪応援バル「OSAKA AID」開催へ 「再び客が集まる仕組み」を

■19年生まれ 最少の86万人 厚労省人口動態統計

■彩り 涼しく 長居植物園 ハナショウブ

■飲食店に追跡アプリ 府のシステム登録で利用


pagetop