週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/5/16

地域店のコロナ対策 第2弾 アイデア共有し、ピンチを乗り切ろう

 1929年に始まった大恐慌以来とも言われる未曾有の経済危機。「商都・大阪」のナニワの経営者≠轤ヘこれまでも知恵をしぼり、危機を乗り超えてきた。国、大阪の企業支援策を視野に入れながらも、地域のお店のアイデアを共有してピンチをチャンスに乗り超えていきましょう。

飲食店

テイクアウトや宅配を強化。クラウドファンディングも検討

Q.どんな影響が出ていますか?

▲人通りが少なく、閑散とする道頓堀

●客足がないため、収益が上がらない

●ケータリングがキャンセルになった

●営業時間の短縮要請でお客様激減した

●売り上げが90%以上減っている

●店内の飲食を禁止した

●2月は直接的な影響は少なかったが、3月に入ってからは学校関係が休みになり、ランチ客が激減した

●給食がないため教員の来店が増えた

●ディナーの営業は4割減

●4月は営業時間や営業形態の変更が影響し、売り上げ半減

●テイクアウト需要を実感。臨機応変にスピーディーに対応することの重要性を知った

●ママさんグループの来店がなくなった

●休校で子どもが自宅にいる、感染が怖いなどで、お客さんだけでなくスタッフも来れなくなった

●4月の売上は壊滅的

●イベントなどが相次いで中止になった影響で、大量注文がない

●お客様とスタッフの接触感染予防のため、店内での営業を自粛している

●家族連れのお客様がなくなり、昼夜共にサラリーマン客も減った

●当初いた昼飲み客も今は全く来ない

●ケーキ屋を営んでいますが、今はお客様が増えている状況

●経営店舗が全店休業になった

●来客が激減し店舗維持が困難。従業員は雇用保険で守られるが、事業主は何もなくただ貯金を削りながら店、従業員、家族を守るので精一杯

●売上げが前年の2割にも満たない

●売上減んいより精神的な疲れがたまっています

●予約が全てキャンセル。来店客数も激減

●イートインができなくなり、お持ち帰りのみの営業になった

●多方面に渡る行事の中止などで、お客様も減少

Q.取り組み済み、または取り組む予定の対策は?

●しばらくはテイクアウトをメインに取り組んでいく。そんな中でもお客様が季節を感じられるように、月ごとにメニューを変えて提供している

●テイクアウトの取り組みを住民に知らせるため、日日新聞への広告の掲載を考えている

●テイクアウトは一時のブーム的なもので、ゴールデンウイークあたりから流れが変わると考えている。完全休業も視野に、その都度対策を講じていく

●自分が出来ることに取り組んでいくため、「

●テイクアウトを強化している

●時間があるのでチラシを配っている

●自社のスタッフでデリバリーに取り組んでいる。テイクアウト商品の開発や今後の計画を考えたい

●近所での配送も視野に入れている

●もともとコロナ以前からテイクアウト販売の仕掛けをしていたので、うまくいっている

●テイクアウト商品の種類増加などレベルアップを図る

●ウーバーイーツとお持ち帰り弁当に取り組むつもり

●今後、イベントごとにお客さまが殺到した場合、どのように対応していこうかについて考えている

●3密を回避するため、入場制限に取り組んでいる

●クラウドファンディングで通販

●スーパーなどへの商品卸しを模索

●助成金を申請し他店に情報共有する

●マスクの販売をしている

●自分が感染したら元も子もないので、まずはプライベートでの不要な外出を避け、仕事の時は三密を避ける

●デリバリー市場へ参入するため、ウーバーイーツへの登録を考えている

●家庭でも簡単に作れる料理セットの提供を考えている

●オンラインを使って営業

●テイクアウトでもおいしく食べてもらえるようなパスタを試行錯誤中。完成したら新しくテイクアウトメニューに加える


ホテル・宿泊施設

宿泊以外の客室利用法を模索

Q.どんな影響が出ていますか?

●ホテル内の全レストランが5月末まで休業。宿泊も一部ホテルで休業

●入場者数が1月末ごろから減少しており、3月は前年比20%減

●お客様が全然来てくださらない

Q.取り組み済み、または取り組む予定の対策は?

●日々の報道に注意し、LINEなどで変更となったことをお客様にその都度発信していく

●ウェブ面接のスペースや動画配信のスペースとして部屋を活用いただけるように考えている


建築・不動産

工期遅延・来場者減も、オンラインに活路

Q.どんな影響が出ていますか?

●工事を予定していたお客様の延期

●お客様との打ち合わせをスカイプで行っているが、接続が不安定な時があり不便

Q.取り組み済み、または取り組む予定の対策は?

●オンライン見学会に取り組んでいる

●終息後の家づくりセミナーの開催を見据え、今から集客しやすいように、お客様の名簿を集めるための企画を考えている


学校・学習塾など

オンライン授業と平行して終息後の再開準備

Q.どんな影響が出ていますか?

●子ども向け教室を3月から休んでいる

●学校行事が全て中止となった

●校内臨時休校、教諭は交代制で出勤

●仕事がなくなった

●休園してる保育所もある

●今後の休業要請などでどうするかを考えているところだが、今のところは予定通りに進めている

Q.取り組み済み、または取り組む予定の対策は?

●ウェブサイトを作成して公開

●遠隔授業をどうのように進めるか、実習をどうやって実践するのかを検討

●年間の授業日数や時間が決まっているので対応に苦慮している。せめて学校再開の確実な時期さえ分かれば計画に取りかかれるのだが…

●完全個別のピアノレッスンを再開

●終息後、すぐに再開できる準備

●ZOOMを使ったセミナーを検討している


病院・整骨院・薬店

衛生管理と動画配信

Q.どんな影響が出ていますか?

●報道で、病院で感染が拡がっているという印象がついているからか、患者様の来院数が少ない

●オープンしたてなのでコロナの影響なのかどうか判らないが、お客様は少ない

●近隣の病院が午前診療だけになったのと、外出自粛もあり来店する人が減った

●売上の低下およびコロナ対策による消耗品費と手間が増加している

Q.取り組み済み、または取り組む予定の対策は?

●院内消毒の徹底

●来院できない患者様に向けてご自宅でできる運動などの動画を配信

●手指消毒液の販売

●アフターコロナに向けての戦略

●衛生管理を続ける


アミューズメント・イベント

3密を避け小規模での実施を模索

Q.どんな影響が出ていますか?

●休館している

●夏季のみの売上が年間の90%を占めるが、そのほぼすべてが無くなった

●花火大会の中止および開催時期のズレで大幅な売上ダウンが見込まれる

●2/29〜5/31まで休館

●イベントや催しはすべて中止

Q.取り組み済み、または取り組む予定の対策は?

●さらなる動画コンテンツの充実

●個人や企業向けの小規模催しでの花火打上を検討中。または休業を検討中

●さらなる生産調整

●3密を避けてできる催しを考えている

●もりぐち歴史館として、守口市の歴史をたどる写真パネル掲示し、見学していただく


販売

新商品・サービスの開発と販売

Q.どんな影響が出ていますか?

●酒小売店、酒卸、酒蔵元や農家の大幅な売り上げの減少

●販売場所がない

●通常通りの営業が出来ない

●卸売りが減少傾向

●中国からの輸入難、顧客による注文キャンセルなど

Q.取り組み済み、または取り組む予定の対策は?

●新しく生まれ変わる経済情勢や社会環境に合わせた商業者としての取り組みの模索

●ホームページの充実、ネット販売

●コーヒーの家庭内消費が増えているので、さらに喚起できるようなサービス・商品を、異業種とコラボして展開したい

●商品開発


各種サービス

今取り組めることを積極的に行う

Q.どんな影響が出ていますか?

●仕事が全て無くなり収入がない

●対前年売上4割減

●事務所が入っている建物が閉鎖になり、テレワークに移行したがスムーズでない

●ショップの休業

●ライブハウスなどでのLive出演のめどが立たない。金銭面でも失業者と同等の影響があります

●保険代理店業は新規契約が面談募集のため契約が上がらない。法人の見込み契約が延期

●新規開拓はストップ。既存客を維持

●全社員在宅勤務になった

●利用者の大幅な減少

●一部オペレーションの変更

Q.取り組み済み、または取り組む予定の対策は?

●売上危機を脱するための新サービスを開始

●事業主として社員をどう守るか考えている

●万が一休業になった場合、ペットを預かってくれるホテルと連携を取りたい

●ショップが再開したら、学割キャンペーンとシニア向けスマホ教室の運営に取り組みたい

●自宅待機している子どもたちに、感染予防に配慮しながら駄菓子が配れたらと思っている

●Live配信やサブスク解禁、CDの作成

●売上は見込めないので、この期間を利用して仕事にプラスなるようなスキルアップを図りたい

●自宅でできるピラティスや、息抜きに話ができるオンライン交流会などを積極的に行う予定

■大阪の食で反転攻勢 GoToイート

■発熱→まず病院へ相談 10月中にも受診手続き変更 コロナとインフル 同時流行へ備え

■ふぐの看板 「ほな!さいなら」 新世界のランドマーク撤去

■大阪・関西万博ロゴ決まる 「命の輝き」細胞表現

■約3割の人、歩数が減少 コロナ緊急事態 健康影響調査

■外食客に2000円分ポイント還元 大阪府市が飲食店支援

■大阪市立高21校の移管計画案 3工業高再編

■学校での悩み、相談を 不安やストレス抱え込まないで

■ステイホーム対応「おせち」 高島屋大阪店

■阪大微生物病研が解説サイト 新型コロナの基礎知識

■ディズニー&ピクサーのカフェ 期間限定 心斎橋オーパ9階

■都構想で吉村知事 下山の危機乗り越え5合目到達


pagetop