週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/5/16

「伝統」大切に果敢にチャレンジ 

ラムネ生産量日本一 ハタ鉱泉 秦 尚久さん

 中高年世代にとって「ラムネ」と聞けば夏祭りや銭湯での湯上りで飲んだ懐かしい情景が浮かぶ。

 そのラムネの生産量「日本一」のハタ鉱泉(都島区)。現社長、秦啓員(ひろかず)さん(66)の三男、尚久さん(35)は「世代、国境を越えてラムネを広めたい」と11年間、勤めた食品会社を辞めて1年前にハタ鉱泉に入社した。食品業界で培ったキャリアを生かし、「小売り、卸売り、メーカーの3つの立場になって営業活動しています」

 同社は伝統的な瓶ラムネ、ひやしあめに加え、果物のライチ味・ユズ味・イチゴ味・メロン味・スイカ味、さらに時代の潮流を読んで子ども向けに「クレパス風ラムネ」、ビール風炭酸飲料「よいこの泡びぃ〜」、パーティーで盛り上げて飲む「シャンメリー」、「クリームシチュー風味」、インバウンド向けに「宇治抹茶ラムネ」を開発し発売。

 夏場の熱中症対策に発売した「スイカ風ラムネ」や、10年前からギフト発売している「クレパス風ラムネ」は入学祝いや帰省の大阪みやげに売れ行きは好調だ。

 今年2月には新発売した「焼きそば風ラムネ」「フライドポテト風ラムネ」などが話題を集めマスコミでも紹介された。

 「現在までラムネの種類は約30種。そして何よりも厳選しているのがラムネに使う真水です」と社名の鉱泉≠ノこだわる。

 海外販路は長男で取締役の彰宏さん(43)が担当。現在、アメリカ、中国、EU、オーストラリアを中心に43カ国に季節に左右されることなく、「HATA・ラムネ」を輸出。「伝統を大切に遊び心、やってみなはれ精神が好き」と笑顔を浮かべる。

■「うちで踊ろう」をボトルフルート演奏 大阪国際大和田中高吹奏楽部

■台湾政府が府にマスク 医療用1万5千枚を寄贈

■大阪市も1日再開 小中学校 15日から通常授業 夏休み半分に

■家族の密 児童虐待懸念 長期休校で潜在化も 3月相談件数全国最多

■プロ野球 6月19日開幕 当面は無観客、120試合の実施目指す

■デリケートゾーン専用毛量調整2Wayカミソリ「Piany VIO」発売 フェザー安全剃刀

■検察庁法改正案、成立見送り 「世論が政権動かした」

■昭恵夫人との写真見た 財務局担当者、初めて認める

■全車両に抗ウイルス加工 JR西在来線、来月から

■ソース二度漬け解禁 感染防止、ボトルで提供

■府立学校 月末まで休校延長 6月のチャレンジテストは中止

■府立小中 学習動画を拡充 週1、2回の登校・登園も

■小中高の授業地上波で放送 テレビ大阪×市教委

■子ども「しんどい状況」 時間もて余す姿に危機感 西淀川のNPOが指摘

■オンラインで婚活後押し サービス広がる

■阪和第二 府内2院目に コロナ専門 感染症治療の実績 住吉

■妊婦さんの健康 オンラインで支援

■地域店のコロナ対策 第2弾 アイデア共有し、ピンチを乗り切ろう

■コロナ緊急経済対策 家計・企業支援策 主な内容を一覧表でわかりやすく


pagetop