週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/5/16

府立学校 月末まで休校延長 6月のチャレンジテストは中止

感染の再拡大に備えオンライン授業を整備

 大阪府教育庁は5月7日、今月末まで臨時休校を延長するよう府立学校に通知した。心身のケアや学習状況の把握のため、11日から週1、2回の臨時登校日を設ける。府内の市町村教委にも同様の対応を要請した。また、公立高入試で評定に活用する府独自の統一テスト「チャレンジテスト」の6月実施分は中止を決定。代替手段を「できるだけ早く決める」(同庁担当者)方針も示した。

 新型コロナウイルスの感染防止のため登校日は、1クラス当たり10〜15人になるよう曜日や時間を分散。通常の授業はせず、宿題を出したり進み具合を確認。行事や部活動は行わず、滞在時間を2時間程度にするように求めた。登校しない場合も欠席扱いにはしない。

 「原則、自宅を出てから帰宅までマスクをする」「教壇から児童生徒までの距離を空ける」といった注意事項をまとめて提示。教職員や児童生徒の感染が確認され、校内で濃厚接触者がいた場合、該当校のみ登校日をやめる。

 チャレンジテストのうち中3が対象の6月分は、休校の長期化を踏まえ中止を決定。ただ、各中学校の評定の公平性を担保するため、代替手段を早急に固める方針だ。

 また、新型コロナウイルスの感染が再び急拡大した場合に備えるため、6月末までに府立高でオンライン授業を実施できる体制を整備することも決定。生徒の受講環境や、学校の設備状況の把握などから順次取り組んでいくという。

■大阪の食で反転攻勢 GoToイート

■発熱→まず病院へ相談 10月中にも受診手続き変更 コロナとインフル 同時流行へ備え

■ふぐの看板 「ほな!さいなら」 新世界のランドマーク撤去

■大阪・関西万博ロゴ決まる 「命の輝き」細胞表現

■約3割の人、歩数が減少 コロナ緊急事態 健康影響調査

■外食客に2000円分ポイント還元 大阪府市が飲食店支援

■大阪市立高21校の移管計画案 3工業高再編

■学校での悩み、相談を 不安やストレス抱え込まないで

■ステイホーム対応「おせち」 高島屋大阪店

■阪大微生物病研が解説サイト 新型コロナの基礎知識

■ディズニー&ピクサーのカフェ 期間限定 心斎橋オーパ9階

■都構想で吉村知事 下山の危機乗り越え5合目到達


pagetop