週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/3/14

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、「マスクを無料送付する」といったウソのSMS(ショートメッセージサービス)を送って偽サイトに誘導する、詐欺や悪質商法の新たな手口が確認されています。マスクの転売を持ち掛けた儲け話、マスク販売や義援金名目を装った話、不正なアプリをインストールさせ個人情報をねらうなど被害の未然防止のために紹介します。

「マスクを無料送付する」とウソのSMS

こんなケースはNO!!

事例1

水道業者を装う男から電話があり「新型コロナウイルスが水道管についている」などと言って、除去費用を要求してきた。

事例2

厚生労働省等を装い、「費用を肩代わりするので検査を受けるように」などと言い、個人情報を聞き出そうとする事例があった。

事例3

新型コロナウイルス流行拡大の影響で「金の相場が上がることは間違いない」など、怪しい投資を勧誘され、金を買う権利を申し込むように言われた。

事例4

保健所の職員などを装った不審な電話があり、「コロナウイルスが流行しています。手洗いとうがいを徹底してください。つきましては家族構成を教えてください」などと言われた。警察は、どれくらいの資産を持っているか聞き出す、いわゆる「アポ電」の疑いがある。

事例5

「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクを無料送付する。確認をお願いします」と記載され、URLが付いたSMSがスマートフォンに届いた。


新たな手口も

 手口の内容は、SMSを悪用し、「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクの無料送付確認をお願いします」などとメッセージを送り、記載したURL(インターネットサイトのアドレス)のリンクをクリックさせようとするものです。

 これは、品薄となっているマスクの入手を餌にSMSの受信者にリンクをクリックさせ、偽のWebサイトに誘導し、個人情報やパスワードなど重要な情報を詐取しようとするものです。

 身に覚えがないSMSやメールが届いたら、URLはクリックしないことが大切です。不安に感じたら、すぐに
相談窓口
大阪市消費者センター tel.06(6614)0999
大阪府消費生活センター tel.06(6616)0888

■熊本豪雨被害に危機感 コロナ3密回避をセット 大阪の避難所運営は?

■災害時に 求められる迅速さ 水都大阪の水害に危機感 新型コロナには特別な対応

■重症コロナの臨時施設 来年1月までに60床

■大阪城トライアスロン 10月開催 安心・安全な運営を模索

■中小企業の販路開拓 大商が応援サイト新設

■天神祭の神事 ネット配信 来夏に向け広報活動強化

■泉佐野市の逆転勝訴 「ふるさと納税」除外取り消し

■「感染防止宣言ステッカー」発行 ガイドライン順守

■名称は「大阪公立大学」 府立、市立大統合の新大学

■府市統合の新大学「大阪公立大」 強み生かす知の拠点。25年にメインキャンパス

■「大阪信愛」入学金なし コロナによる家計ピンチに

■大阪発 ザ・論点 国はコロナで「力」使い果たすな

■注目度高まる吉村知事 新型コロナ対策で矢継ぎ早の対策

■売上急減の事業者に家賃6カ月分を給付 2次補正予算成立

■“DiDi Food”が大阪上陸 「コロナに負けない!」飲食店の強い味方

■都構想制度案可決 本質反映、胸張る 二重行政解消、役割分担を明確化

■門真の人たちをひとつに─ 折り鶴12万羽プロジェクト

■大阪へ「いらっしゃ〜い」 府内宿泊 2500円還元 観光業支援キャンペーン

■大阪マラソン中止 3密対策見通せず

■世界環境デー in 大阪 極意論スペシャル 参加者募集

■抗体保有率 大阪0・17%どまり

■「づぼらや」閉店へ 通天閣社長「相方失ったような気持ち」

■都構想の実相 議論深めて 甲南大学名誉教授、高寄さん地方自治本出版


pagetop