週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/3/14

大阪市 給食費無償化を検討 

早ければ21年度から

 大阪市は、小中学校の学校給食費無償化への検討に入った。子育て支援や子どもの貧困対策が念頭にあり、松井一郎市長が実施について言及した。早ければ2021年度から導入する考えで、市教育委員会によると、助成が実現すれば政令市では初めて。

 市教委学校給食課によると、給食は市立小学校で287校、中学校は128校で実施している。学校給食法では、人件費や設備費は学校の設置自治体が負担することとなっており、野菜など食材費に相当する「給食費」は、1食あたり小学生が227〜233円、中学生は300円となっている。

 小学校は2020年度の給食実施日数が195日で年間4万4850円、中学校は165日で4万9500円かかる予定で、全児童・生徒が無償化の対象となると、約60億円が新たに市の負担となる計算だ。

 松井市長は2月21日、市役所で記者団の取材に「住みやすい都市になることで子育て支援や少子化対策につないでいく」と回答。市が先行実施していた幼児教育・保育料の助成が国負担となったことや、市立高校を府へ移管することで生まれる財源を視野に「市の体力であれば十分、給食の財源は生み出せる」と強調した。

■府の中小融資 受け付け開始 運転資金や設備資金

■4月から給食無償化 大阪市の小中学校 子ども1人年5〜6万円の負担減に

■厳戒の中 未来へ一歩 大阪市立中 一斉に卒業式

■三遊亭円楽独演会 7月23日、城東区民ホール 28日からウェブ先行予約

■マンション建設も可能 「実施案」推進を明言 城東区旧庁舎で松井市長

■森友事件巡る自殺 涙を流し改ざん抵抗 赤木さん「責任取らされる」

■近畿財務局元職員の手記全文 手書きメモ 痛切な叫び

■公示地価 商業地 7年連続上昇 グランフロントは1900万円→1u2500万円

■大阪市の固定資産税 3万人から過徴収

■大阪市 給食費無償化を検討 早ければ21年度から

■混迷する城東区旧庁舎跡地問題 官民の相違深刻化

■イオンが福島に商業施設 3/28オープン

■秀吉ゆかりの地 スタンプラリー 大阪城天守閣

■中国道 6月に大規模改修 吹田JCT−中国池田IC間 2週間通行止めに

■近鉄がラッピング列車 30周年の「海遊館」記念コラボ企画

■至れり尽くせりの動物病院オープン 3月28〜30日 内覧会

■ヒト幹細胞培養液の定額制ヘッドズパ 梅田 アール・イー・サロン

■子ども同伴出勤のサポート 顧問助産師グループ「With Midwife」

■バルーンフラワー教室 鶴見にオープン


pagetop