週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/2/22

愛と感謝の思い伝える 

12歳で早世したまな娘哀悼の書出版


▲「多くの協力者の力を借りて出版できました」と話すいずみさん

 重度の心臓病と向き合いながら、確かな愛を紡いだ少女の記録本「空の上から見ているよ」が出版された。12歳で早逝(せい)した愛娘のかけがえのない成長の証を残し、永遠に語り継ぐために著された哀悼の書。

 さきちゃんは「手術しても20歳まで生きられることは少ない」と宣告されたが、3度の大きな手術を乗り越え、どんなときも自分を受け止めてくれる家族、友達、周りの人たちの大切さに気づき、愛と感謝の想いを、命尽きるまで、そして尽きたのちも伝え続けている。

 いずみさんは「娘は今もきっと、いつもの笑顔でやさしく、私たちを見守っています」と話している。

 みらいパブリッシング、A5判、カラー32ページ、1540円(税込み)。

■大阪の食で反転攻勢 GoToイート

■発熱→まず病院へ相談 10月中にも受診手続き変更 コロナとインフル 同時流行へ備え

■ふぐの看板 「ほな!さいなら」 新世界のランドマーク撤去

■大阪・関西万博ロゴ決まる 「命の輝き」細胞表現

■約3割の人、歩数が減少 コロナ緊急事態 健康影響調査

■外食客に2000円分ポイント還元 大阪府市が飲食店支援

■大阪市立高21校の移管計画案 3工業高再編

■学校での悩み、相談を 不安やストレス抱え込まないで

■ステイホーム対応「おせち」 高島屋大阪店

■阪大微生物病研が解説サイト 新型コロナの基礎知識

■ディズニー&ピクサーのカフェ 期間限定 心斎橋オーパ9階

■都構想で吉村知事 下山の危機乗り越え5合目到達


pagetop