週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/2/22

サムライ道で大阪を元気に 

特別講師に大阪市大学長


▲ユーモアを交え「サムライが時代を拓く」と述べる荒川学長

 「社交サロン ザ・クラブジャパン関西」(原田忠義会長)の異業種交流会が2月5日、北区西天満2丁目の中之島LOVECENTRALで開かれた。特別ゲスト講師の大阪市立大学長、荒川哲男さんは「サムライが時代を拓く。サムライ道は技術と精神(心)が伴う。私は志を同じくする人たちと、大阪が抱える課題解決や産官学連携で府民の健康長寿に貢献したい」と述べた。

 荒川学長は大阪市大の前身の大阪商業講習所を設立した五代友厚の「ファーストペンギン」の例えや大阪商業学校(のちの市大)に在籍したサントリー創始者、鳥井信治郎の「やってみなはれ」精神を紹介。サムライの定義を@他利(自分より他人を優先)A忠義(恩に報いる)B尊敬(高い人格や行為を敬う)―の3点を挙げ、「いったん方針が決まれば「『ぶれない』『ずれない』『もれない』。サムライの同志の判断基準は、また一緒に飲みたい人」と結論付けた。

■大阪の食で反転攻勢 GoToイート

■発熱→まず病院へ相談 10月中にも受診手続き変更 コロナとインフル 同時流行へ備え

■ふぐの看板 「ほな!さいなら」 新世界のランドマーク撤去

■大阪・関西万博ロゴ決まる 「命の輝き」細胞表現

■約3割の人、歩数が減少 コロナ緊急事態 健康影響調査

■外食客に2000円分ポイント還元 大阪府市が飲食店支援

■大阪市立高21校の移管計画案 3工業高再編

■学校での悩み、相談を 不安やストレス抱え込まないで

■ステイホーム対応「おせち」 高島屋大阪店

■阪大微生物病研が解説サイト 新型コロナの基礎知識

■ディズニー&ピクサーのカフェ 期間限定 心斎橋オーパ9階

■都構想で吉村知事 下山の危機乗り越え5合目到達


pagetop