週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/2/22

93校で7万人挑む 

府内、私立校入試スタート


▲新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され、マスク着用のまま受験するのが認められる中、試験に臨む生徒ら

 大阪府内の私立高校で2月10日、2020年度入試が始まった。外部募集しているうちの93校で、11日までに約7万人が筆記試験や面接に挑む見込み。本年度は、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中での実施となり、府内の高校入試が本格スタートした。

 大阪私立中学校高等学校連合会によると、私立が第1志望の専願者が受験応募者数に占める専願率は、5日正午現在で27・26%。府独自の私立高授業料の実質無償化が始まった10年度入試以降最高となり、競争倍率の高い学校では、受験生が狭き門に挑戦した。

 このうち大阪市天王寺区の清風高では、外部募集人員310人に対し、専願者と公立との併願者を合わせて約550人が受験。平岡宏一校長が校内放送で「日頃の実力をしっかり発揮できるように頑張って」と呼び掛け、生徒たちは5教科の筆記試験に臨んだ。

 本年度は、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、同連合会が試験中のマスク着用を認めるよう各校に通知。清風高でも多くの受験生が着用したまま試験に取り組んでいた。

■府の中小融資 受け付け開始 運転資金や設備資金

■4月から給食無償化 大阪市の小中学校 子ども1人年5〜6万円の負担減に

■厳戒の中 未来へ一歩 大阪市立中 一斉に卒業式

■三遊亭円楽独演会 7月23日、城東区民ホール 28日からウェブ先行予約

■マンション建設も可能 「実施案」推進を明言 城東区旧庁舎で松井市長

■森友事件巡る自殺 涙を流し改ざん抵抗 赤木さん「責任取らされる」

■近畿財務局元職員の手記全文 手書きメモ 痛切な叫び

■公示地価 商業地 7年連続上昇 グランフロントは1900万円→1u2500万円

■大阪市の固定資産税 3万人から過徴収

■大阪市 給食費無償化を検討 早ければ21年度から

■混迷する城東区旧庁舎跡地問題 官民の相違深刻化

■イオンが福島に商業施設 3/28オープン

■秀吉ゆかりの地 スタンプラリー 大阪城天守閣

■中国道 6月に大規模改修 吹田JCT−中国池田IC間 2週間通行止めに

■近鉄がラッピング列車 30周年の「海遊館」記念コラボ企画

■至れり尽くせりの動物病院オープン 3月28〜30日 内覧会

■ヒト幹細胞培養液の定額制ヘッドズパ 梅田 アール・イー・サロン

■子ども同伴出勤のサポート 顧問助産師グループ「With Midwife」

■バルーンフラワー教室 鶴見にオープン


pagetop