週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/2/22

93校で7万人挑む 

府内、私立校入試スタート


▲新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され、マスク着用のまま受験するのが認められる中、試験に臨む生徒ら

 大阪府内の私立高校で2月10日、2020年度入試が始まった。外部募集しているうちの93校で、11日までに約7万人が筆記試験や面接に挑む見込み。本年度は、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中での実施となり、府内の高校入試が本格スタートした。

 大阪私立中学校高等学校連合会によると、私立が第1志望の専願者が受験応募者数に占める専願率は、5日正午現在で27・26%。府独自の私立高授業料の実質無償化が始まった10年度入試以降最高となり、競争倍率の高い学校では、受験生が狭き門に挑戦した。

 このうち大阪市天王寺区の清風高では、外部募集人員310人に対し、専願者と公立との併願者を合わせて約550人が受験。平岡宏一校長が校内放送で「日頃の実力をしっかり発揮できるように頑張って」と呼び掛け、生徒たちは5教科の筆記試験に臨んだ。

 本年度は、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、同連合会が試験中のマスク着用を認めるよう各校に通知。清風高でも多くの受験生が着用したまま試験に取り組んでいた。

■大阪の食で反転攻勢 GoToイート

■発熱→まず病院へ相談 10月中にも受診手続き変更 コロナとインフル 同時流行へ備え

■ふぐの看板 「ほな!さいなら」 新世界のランドマーク撤去

■大阪・関西万博ロゴ決まる 「命の輝き」細胞表現

■約3割の人、歩数が減少 コロナ緊急事態 健康影響調査

■外食客に2000円分ポイント還元 大阪府市が飲食店支援

■大阪市立高21校の移管計画案 3工業高再編

■学校での悩み、相談を 不安やストレス抱え込まないで

■ステイホーム対応「おせち」 高島屋大阪店

■阪大微生物病研が解説サイト 新型コロナの基礎知識

■ディズニー&ピクサーのカフェ 期間限定 心斎橋オーパ9階

■都構想で吉村知事 下山の危機乗り越え5合目到達


pagetop