週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/2/8

高齢者見守る若手ライダーたち 

高齢者向け宅配弁当サービス


▲「宅配弁当を通して高齢者の方から逆に元気をもらっています」と話す吉村さん


▲「高齢者の方から刺激をもらっている」と田中さん

 近年、高齢者向け弁当を宅配しているバイクを見かける回数も増えてきている。この高齢者向け弁当宅配の仕事、単に弁当を高齢者宅に届けるだけが仕事ではない。宅配先の高齢者が日々、どのように過ごしているのかなど見守りも目的としている。守口・門真にはこれを担う20歳前後の若いスタッフたちが躍動している。

 「一人で黙々と仕事できるデリバリーがしたくて、家の近くで探したら今の職場だった」と話すのは宅配クック1・2・3門真店(グッディ運営)のライダースタッフ・吉村春都さん(18)。ちょうど吉村さんが採用されたころ、同店はスタッフが不足しており、吉村さんを介して田中空さん(20)ら20歳前後の若いスタッフが一気に5人増えた。こうして若いスタッフが集まった同店の仕事の目的は 高齢者の見守り≠セ。変わったことがあれば、逐一報告を欠かさない。

 若いからこそ、高齢者たちと接する中で感じることも大きい。田中さんは「この仕事でしか接点のない方たち。笑顔やかけていただく言葉に刺激をもらっている」。吉村さんも「『いつもありがとう』など何気ない会話でも、おじいちゃん・おばあちゃんたちから元気をもらえる」と二人は実感を口にする。

 同店を統括するグッディ福祉事業部長・森川順子さんは、「私たちは家族・ケアマネさんなど、皆さんと連携を取りながらやっています。命をお預かりしているんですから」と話す。

 ひょっとしたら、吉村さんや田中さんは元気の伝道師≠ネのかもしれない。

■熊本豪雨被害に危機感 コロナ3密回避をセット 大阪の避難所運営は?

■災害時に 求められる迅速さ 水都大阪の水害に危機感 新型コロナには特別な対応

■重症コロナの臨時施設 来年1月までに60床

■大阪城トライアスロン 10月開催 安心・安全な運営を模索

■中小企業の販路開拓 大商が応援サイト新設

■天神祭の神事 ネット配信 来夏に向け広報活動強化

■泉佐野市の逆転勝訴 「ふるさと納税」除外取り消し

■「感染防止宣言ステッカー」発行 ガイドライン順守

■名称は「大阪公立大学」 府立、市立大統合の新大学

■府市統合の新大学「大阪公立大」 強み生かす知の拠点。25年にメインキャンパス

■「大阪信愛」入学金なし コロナによる家計ピンチに

■大阪発 ザ・論点 国はコロナで「力」使い果たすな

■注目度高まる吉村知事 新型コロナ対策で矢継ぎ早の対策

■売上急減の事業者に家賃6カ月分を給付 2次補正予算成立

■“DiDi Food”が大阪上陸 「コロナに負けない!」飲食店の強い味方

■都構想制度案可決 本質反映、胸張る 二重行政解消、役割分担を明確化

■門真の人たちをひとつに─ 折り鶴12万羽プロジェクト

■大阪へ「いらっしゃ〜い」 府内宿泊 2500円還元 観光業支援キャンペーン

■大阪マラソン中止 3密対策見通せず

■世界環境デー in 大阪 極意論スペシャル 参加者募集

■抗体保有率 大阪0・17%どまり

■「づぼらや」閉店へ 通天閣社長「相方失ったような気持ち」

■都構想の実相 議論深めて 甲南大学名誉教授、高寄さん地方自治本出版


pagetop