週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/2/8

高齢者見守る若手ライダーたち 

高齢者向け宅配弁当サービス


▲「宅配弁当を通して高齢者の方から逆に元気をもらっています」と話す吉村さん


▲「高齢者の方から刺激をもらっている」と田中さん

 近年、高齢者向け弁当を宅配しているバイクを見かける回数も増えてきている。この高齢者向け弁当宅配の仕事、単に弁当を高齢者宅に届けるだけが仕事ではない。宅配先の高齢者が日々、どのように過ごしているのかなど見守りも目的としている。守口・門真にはこれを担う20歳前後の若いスタッフたちが躍動している。

 「一人で黙々と仕事できるデリバリーがしたくて、家の近くで探したら今の職場だった」と話すのは宅配クック1・2・3門真店(グッディ運営)のライダースタッフ・吉村春都さん(18)。ちょうど吉村さんが採用されたころ、同店はスタッフが不足しており、吉村さんを介して田中空さん(20)ら20歳前後の若いスタッフが一気に5人増えた。こうして若いスタッフが集まった同店の仕事の目的は 高齢者の見守り≠セ。変わったことがあれば、逐一報告を欠かさない。

 若いからこそ、高齢者たちと接する中で感じることも大きい。田中さんは「この仕事でしか接点のない方たち。笑顔やかけていただく言葉に刺激をもらっている」。吉村さんも「『いつもありがとう』など何気ない会話でも、おじいちゃん・おばあちゃんたちから元気をもらえる」と二人は実感を口にする。

 同店を統括するグッディ福祉事業部長・森川順子さんは、「私たちは家族・ケアマネさんなど、皆さんと連携を取りながらやっています。命をお預かりしているんですから」と話す。

 ひょっとしたら、吉村さんや田中さんは元気の伝道師≠ネのかもしれない。

■京阪京橋駅に大鏡餅お目見え 23日開催の五大力尊仁王会PR

■93校で7万人挑む 府内、私立校入試スタート

■「学校活性化」改正案など50議案提出 大阪市議会開会

■サムライ道で大阪を元気に 特別講師に大阪市大学長

■珠算を通じ次代を担う人材に 守口門真珠算協会、優良生徒表彰式典

■教育にテクノロジーを活用 ケーイーシー ミライズ設立

■愛と感謝の思い伝える 12歳で早世したまな娘哀悼の書出版

■ふれ愛ウォーク 参加者募集

■愛犬専用トイレ 大阪空港に設置 国内空港初

■「社員の幸」で企業成長 KAIKA Awards2019 新教育総合研究会

■愛媛県知事のトップセールス 旬のいよかんをPR

■高橋尚子さん 母校でフォーム改善など指導 吹田市内の中学生ら参加

■さかい利晶の杜 開館5周年記念展開催 千年の宇宙―手のひらの中の宇宙 宇宙の中の人類―

■府が電話相談開設 新型肺炎 リスク管理前提に対応

■守り伝える責務 文化財防火デー 住吉大社で訓練

■万博は魅力発信好機 関西財界と広域連合が意見交換

■「うどん」だけじゃない! 香川のうまいもん≠PR

■ストップ結核パートナーシップ関西 第7回ワークショップU

■三国丘高 3年ぶり2度目の栄光 高校生ビジネスプラングランプリ

■履正社、大阪桐蔭に春 センバツ高校野球出場決定

■mercaがバラ一色に染まる

■私立専願率4年連続増 高校入試進路希望調査

■福盛氏に3度目の特別感謝状 子どもたちの未来のために四條畷市に高額寄付

■水辺の魅力発信 フードエリア「タグボート大正」

■「戦争を語り継ぐ」を特集 たなかやすこの「おはなしのたび」1月号発行

■「キャリア教育アワード」で優秀賞受賞 人材教育のワークアカデミー


pagetop