週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/2/8

夜行「銀河」で快適な旅 

5月運行、京阪神と山陰つなぐ


▲「瑠璃紺色」に仕上げられたウエストエクスプレス銀河の車体

 JR西日本は1月25日、5月8日に運行開始する長距離列車「WEST

 EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」の車体を、吹田総合車両所(吹田市俵町1丁目)で報道機関に公開した。関西と山陰をつなぐ夜行列車を皮切りにデビューする、瑠璃紺色(るりこんいろ)の列車の出発が近づいた。

 外観は、西日本の美しい海や空をほうふつさせる深い紫色の「瑠璃紺色」を採用。山陰や山陽の各エリア、日中と夜間など、時間や場所によって車体の色が変化して見える。

 車内は、快適性が高く、落ち着いた空間の「くつろぎ」と、女性も気軽に鉄道の旅を楽しめるよう「カジュアル」を両立。女性専用車両の2号車や、4号車は大型ベンチやカウンターが配置され、1両全てがフリースペースで、夜間も照明がつく。

 JR西日本営業本部の財剛啓担当部長は「西日本の新たな魅力を発見する旅にいざなう車両で、鉄道の旅を楽しんでほしい」と話した。

 京都─出雲市駅間の夜行特急列車として運行。10月からは山陽エリアを走る。

 西日本エリアの旅行需要喚起につなげ、観光振興や地域活性化につなげる狙い。京都を拠点に団体列車などに使われた、旧国鉄時代の117系車両を改造した。

  • ▲かつての寝台車のような上下2段の席がある2号車(女性席)

  • ▲1両全てがフリースペースとなった4号車の車内

  • ▲横になってくつろげる座席の5号車車内

  • ▲プライベート空間が確保された「プレミアルーム」のある6号車

■コロナ重症センター 月末完成へ 人材確保が難航 12月中旬以降に運用予定

■大阪ワクチン≠フ接種 来春以降の見通し 吉村知事

■万博道路網、整備費増へ 土壌汚染で最大700億円

■吉本が花火大会開催へ 「ひとときでもホッとして」

■関フィル門真に引っ越し 市とパートナー協定締結

■コロナ禍の飲食店を応援 2020年度一般会計補正予算案

■ストレスチェック、動画で啓発 大阪労働局

■空飛ぶクルマ23年実用化へ気勢 産官学で組織する協議会

■福岡限定メニューが道頓堀に 一蘭「釜だれとんこつラーメン」

■学習塾で入試対策授業 私立校教諭が直伝

■新教育総合研究会 4年連続9部門受賞

■三重の食や体験 多彩に 天神橋筋商店街・12月6日まで

■「GoTo」採択で12/10から催し ララはしば商店街と橋波商店連


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop