週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/1/25

牧尚人の弁護士対談

牧法律会計事務所 代表 弁護士 牧 尚 人
法律事務所エクラうめだ 代表 弁護士 亀石 倫子

「ディストピア」を懸念 メディアの重要性訴え


牧 尚 人 弁護士

 牧尚人氏(44)=牧法律会計事務所=が今回対談した相手は、亀石倫子氏(45)=法律事務所エクラうめだ=。亀石氏は、自身が立候補した2019年の参院選を通して政治への無関心、諦めのムードを感じ取る一方で、日本社会の「ディストピア」化を懸念。牧氏は、主権者教育としてのメディアの重要性を説いた。文責/深田巧

 私は最近、凍結保存した受精卵の移植を巡る民事訴訟を担当しました。体外受精の受精卵を、別居中の元妻が無断で移植し出産したとして、男性が、生まれた長女との間に親子関係がないとの確認を求めた訴訟です。判決は、男性の請求を退けました。私が弁護人を務めた元妻は勝ちましたが、インターネットで元妻はたたかれていました。新聞も男性の訴えを中心に報じたが、正直、どうなのかなと思いました。

亀石 一般的に、新聞は警察発表をうのみに報道しているように映ります。刑事弁護をしていると、「悪人の味方」とたたかれることがあるけど、私は、そう言われても気にしない。17年に、窃盗罪などで起訴された被告人に対する令状無しのGPS捜査は違法という最高裁判決が出ました。私も担当した事件です。その際も「治安が悪くなる」とたたかれましたが、捜査の必要性とプライバシーのバランスを考える必要があります。

 亀石さんは19年の参院選に立憲民主党から立候補されました。立候補した動機は何ですか。


亀石 倫子 弁護士

亀石 現在の仕事は家事事件が中心です。依頼者にはシングルマザーも多い。子どもの貧困問題が深刻化する中、法律を改正しなければ、根本的な解決にならないこともあります。最高裁が指摘したGPS捜査の立法的措置もまだされていない。司法の現場でいくら頑張っても立法に直結しないと感じていました。弁護士になって10年目を迎え、新しいことにも挑戦したいと思っていた頃、立憲民主党から声が掛かりました。

 他党や無所属での立候補は考えませんでしたか。

亀石 私は、安倍首相が目指す憲法改正に反対です。自民党の改憲草案には「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない」とあるけど、公益、公の秩序によって人権が制約される憲法観はあり得ない。立憲民主党は、立憲主義に基づく考え方に共感しました。ただ、性犯罪事件の無罪判決を巡って、私が被告人の人権も守らなければいけないことを発言した際、党支持層から「けしからん」との声が上がりました。でも、これは私の信念です。大衆迎合や、風を読んで行動することはできませんでした。

 ところで、裁判員裁判をどう評価しますか。

亀石 私は裁判員裁判の対象事件をこれまでに25件担当しました。ある時、私が尋問していると、裁判官が腕時計をちらちら見ていました。裁判員の集中力が持たないからだと思います。裁判を終え、裁判官が裁判員をお見送りする姿にも出くわしました。米国の陪審制と比べて成熟しておらず、中途半端な印象です。

 プライベートな時間の過ごし方は。

亀石 今は「暗闇バイクエクササイズ」ですね。暗闇の中でエアロバイクを45分間ノンストップでこぐと、滝のように汗が流れます。ライブハウスで遊んだような楽しさもあり、私は専門ジムに週2〜3回通っています。また、選挙活動を通してお酒を飲まなくなったので、その分、読書をするようになりました。最近読んだ『ヒトラーの大衆扇動術』に、うそを繰り返すうちに大衆は信じるようになるとありました。今の日本にそっくりと思えるところが怖い。首相主催の「桜を見る会」で招待者名簿を破棄したという「うそ」も、国民は信じてしまうのではないかと。

 日本人は「はまり」やすいかもしれません。その意味で、新聞やテレビなどメディアがしっかりしなければいけません。

亀石 19年の参院選で投票率が50%を割り込んだのは衝撃でした。政治にどんどん無関心となり、諦めていっている印象です。一方で、「表現の不自由展・その後」中止事件をはじめ、日本社会は自由がしぼむ「ディストピア」になっているようです。そのことに危機感を持つ人がどれくらいいるのか。まさにメディアの役割は大事かもしれませんね。

 その意味でも、大阪日日新聞に頑張ってもらわなければいけません。本日はありがとうございました。


牧尚人(まき なおと)プロフィル

 仕事を通じて、まだまだ弁護士には相談しにくい、あるいは弁護士の仕事は遅いと思う人が多いと感じ、気軽に相談できるように2回目の相談まで無料で受付。加えてスピーディな対応をウリにしている。業務の遂行には、依頼者の負担を軽くするため、手を煩わせることは最小限に、ムダな費用も省くよう心掛けている。

牧法律会計事務所
大阪市中央区北浜3-5-19 淀屋橋ホワイトビル708号(淀屋橋駅徒歩1分)
TEL.06-4708-5056
 http://www.maki-lawfirm.com/

■京阪京橋駅に大鏡餅お目見え 23日開催の五大力尊仁王会PR

■93校で7万人挑む 府内、私立校入試スタート

■「学校活性化」改正案など50議案提出 大阪市議会開会

■サムライ道で大阪を元気に 特別講師に大阪市大学長

■珠算を通じ次代を担う人材に 守口門真珠算協会、優良生徒表彰式典

■教育にテクノロジーを活用 ケーイーシー ミライズ設立

■愛と感謝の思い伝える 12歳で早世したまな娘哀悼の書出版

■ふれ愛ウォーク 参加者募集

■愛犬専用トイレ 大阪空港に設置 国内空港初

■「社員の幸」で企業成長 KAIKA Awards2019 新教育総合研究会

■愛媛県知事のトップセールス 旬のいよかんをPR

■高橋尚子さん 母校でフォーム改善など指導 吹田市内の中学生ら参加

■さかい利晶の杜 開館5周年記念展開催 千年の宇宙―手のひらの中の宇宙 宇宙の中の人類―

■府が電話相談開設 新型肺炎 リスク管理前提に対応

■守り伝える責務 文化財防火デー 住吉大社で訓練

■万博は魅力発信好機 関西財界と広域連合が意見交換

■「うどん」だけじゃない! 香川のうまいもん≠PR

■ストップ結核パートナーシップ関西 第7回ワークショップU

■三国丘高 3年ぶり2度目の栄光 高校生ビジネスプラングランプリ

■履正社、大阪桐蔭に春 センバツ高校野球出場決定

■mercaがバラ一色に染まる

■私立専願率4年連続増 高校入試進路希望調査

■福盛氏に3度目の特別感謝状 子どもたちの未来のために四條畷市に高額寄付

■水辺の魅力発信 フードエリア「タグボート大正」

■「戦争を語り継ぐ」を特集 たなかやすこの「おはなしのたび」1月号発行

■「キャリア教育アワード」で優秀賞受賞 人材教育のワークアカデミー


pagetop