週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/1/11

子どもの食事について 

個別指導キャンパス 代表・福盛訓之さん

お問い合わせ先:(0120)934830


「生徒一人一人に合わせたオーダーメードカリキュラムを作成し、集中的に強化します」と話す福盛代表

 年が明け、新学期。入試や学年末のテストが間近になり、子どもが良い成績を収めることができるか不安な保護者も多いのではないでしょうか。成績を伸ばすためには、勉強すること以外にどんなことが大切なのでしょうか。約25年間学習塾を運営し、数多くの生徒を見てきた「個別指導キャンパス」代表の福盛訓之さんは、子どもの生活習慣を見直すだけで成績に影響することがあると言います。子どもに対する生活面のサポートについてお聞きしました。

 ―子どもの成績を伸ばすためには、家族のどのようなサポートが重要でしょうか。

 体調管理のサポートが大切です。お子さまが休みの日でも規則正しい生活ができるようにサポートしてください。毎日、早寝早起きする環境づくりや、風邪をひかないよう手洗いうがいをさせるのも重要です。中でも、大切にしてほしいことが「子どもの食事」です。

 ―子どもの食事について、どういう所に気をつけるべきでしょうか。

 食事のうち、特に気をつけていただきたいことが朝ごはんを毎日食べることです。朝ごはんを毎日食べている小中学生に比べて、全く食べていない小中学生の学力は、全国学力・学習状況調査でマイナス20%という低い結果がでています。これは算数でも国語でも共通であり、朝ごはんを食べることと学力には相関関係があるようです。朝ごはんは脳に必要なエネルギーなので、毎日しっかりと食べることで午前中の集中力が違うのです。

 ―食事の習慣は学力にも影響するのですね。他にも、子どもの食事で気をつけることはありますか。

 一人で食事をとるか、家族みんなと一緒に楽しい雰囲気で食事をとるかによって、子ども心身の状況に影響することが明らかになっています。一人で食べる子どもは普段の生活でも疲れやすく、イライラすることが多い傾向が見られます。

 また、偏食は意欲や好奇心などの性格形成の阻害要因になると言われています。子どもの発達に合わせていろいろな食品や料理に慣れさせるようにすると良いです。

 ―子どもの健康のためだけでなく、勉強のためにも家庭の食生活を見直していく必要がありますね。

 成長期の子どもに対する食事の習慣は、子どもが一生涯にわたって健康に生きていくために重要です。子どもが効率よく勉強を進め、受験やテスト本番で実力を発揮するためにも、普段の食事を大切にしてほしいと思います。

■府の中小融資 受け付け開始 運転資金や設備資金

■4月から給食無償化 大阪市の小中学校 子ども1人年5〜6万円の負担減に

■厳戒の中 未来へ一歩 大阪市立中 一斉に卒業式

■三遊亭円楽独演会 7月23日、城東区民ホール 28日からウェブ先行予約

■マンション建設も可能 「実施案」推進を明言 城東区旧庁舎で松井市長

■森友事件巡る自殺 涙を流し改ざん抵抗 赤木さん「責任取らされる」

■近畿財務局元職員の手記全文 手書きメモ 痛切な叫び

■公示地価 商業地 7年連続上昇 グランフロントは1900万円→1u2500万円

■大阪市の固定資産税 3万人から過徴収

■大阪市 給食費無償化を検討 早ければ21年度から

■混迷する城東区旧庁舎跡地問題 官民の相違深刻化

■イオンが福島に商業施設 3/28オープン

■秀吉ゆかりの地 スタンプラリー 大阪城天守閣

■中国道 6月に大規模改修 吹田JCT−中国池田IC間 2週間通行止めに

■近鉄がラッピング列車 30周年の「海遊館」記念コラボ企画

■至れり尽くせりの動物病院オープン 3月28〜30日 内覧会

■ヒト幹細胞培養液の定額制ヘッドズパ 梅田 アール・イー・サロン

■子ども同伴出勤のサポート 顧問助産師グループ「With Midwife」

■バルーンフラワー教室 鶴見にオープン


pagetop