週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2019/11/23

大阪・関西万博 「ロゴマーク」一般募集開始

 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は2025年に大阪・関西で開催される国際博覧会(大阪・関西万博)のシンボルになるロゴマークの一般公募を11月29日から始める。

 今回、大阪・関西万博では「一人一人が参加し、共創し、みんなでつくる万博を目指したい」という思いから、デザイナー以外にも一般からも公募している。

 受付期間は、11月29日から12月15日まで。応募方法は、「2025年大阪・関西万博ロゴマーク公募サイト(https://logo.expo2025.or.jp/)」から。応募に関する詳細(ロゴマーク制作条件、審査選考、注意事項、その他)は同協会公式サイトで。

■府立学校 月末まで休校延長 6月のチャレンジテストは中止

■府立小中 学習動画を拡充 週1、2回の登校・登園も

■小中高の授業地上波で放送 テレビ大阪×市教委

■子ども「しんどい状況」 時間もて余す姿に危機感 西淀川のNPOが指摘

■オンラインで婚活後押し サービス広がる

■阪和第二 府内2院目に コロナ専門 感染症治療の実績 住吉

■妊婦さんの健康 オンラインで支援

■地域店のコロナ対策 第2弾 アイデア共有し、ピンチを乗り切ろう

■コロナ緊急経済対策 家計・企業支援策 主な内容を一覧表でわかりやすく

■個人事業主50万円、中小企業100万円 独自に休業要請支援金 大阪府

■苦境の中 来客に感謝 天神橋筋商店街に懸垂幕

■大阪の医学で闘う 府や阪大6者協定 ワクチン開発へ

■医療従事者にハンドクリーム無償提供 自然派コスメ「ラリン」

■「コロナに負けない!」 飲食店の味方「DiDi Food」登場

■科学で子どもの身体能力を上げるスポーツ塾 アローズジム 5月開校

■政府、10万円一律給付 コロナウイルスの緊急経済対策


pagetop