週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2019/11/23

墜落死亡事故相次ぐ 

中小事業者施工の住宅工事など

 大阪労働局は、府内建設業の今年の死亡災害が9月末現在で15人に達して昨年同期を上回り、木造・低層住宅工事で高所から墜落するケースが多発しているとして、安全対策の徹底を呼び掛けている。ベテラン職人による事例が目立っており、同局は、昨年の災害からの復旧工事に関する多忙さが影響しているとみている。

 15件全てが、中小企業・小規模事業者が施工する建設工事現場で発生。「墜落・転落」が9件を占め、発生現場は木造家屋などの低層住宅が6件に上った。

 昨年までは、人手不足などの影響で、建設業に初めて携わる50歳以上の未熟練者の労働災害が問題視されたが、今年は21年以上のベテラン職人が、15人のうち8人と半数余りを占めた。

 同局担当者は、昨年大阪に被害を及ぼした地震や台風の復旧関連の災害が増えている点に着目。「工事が集中する中で、ベテランも安全対策を怠ってしまっている」と分析している。

■府立学校 月末まで休校延長 6月のチャレンジテストは中止

■府立小中 学習動画を拡充 週1、2回の登校・登園も

■小中高の授業地上波で放送 テレビ大阪×市教委

■子ども「しんどい状況」 時間もて余す姿に危機感 西淀川のNPOが指摘

■オンラインで婚活後押し サービス広がる

■阪和第二 府内2院目に コロナ専門 感染症治療の実績 住吉

■妊婦さんの健康 オンラインで支援

■地域店のコロナ対策 第2弾 アイデア共有し、ピンチを乗り切ろう

■コロナ緊急経済対策 家計・企業支援策 主な内容を一覧表でわかりやすく

■個人事業主50万円、中小企業100万円 独自に休業要請支援金 大阪府

■苦境の中 来客に感謝 天神橋筋商店街に懸垂幕

■大阪の医学で闘う 府や阪大6者協定 ワクチン開発へ

■医療従事者にハンドクリーム無償提供 自然派コスメ「ラリン」

■「コロナに負けない!」 飲食店の味方「DiDi Food」登場

■科学で子どもの身体能力を上げるスポーツ塾 アローズジム 5月開校

■政府、10万円一律給付 コロナウイルスの緊急経済対策


pagetop