週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2019/11/9

「旅の祭典」熱気 

ツーリズムエキスポ


▲ウェルネスなど4つのコンセプトで開かれた「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」

 大阪市住之江区のインテックス大阪で10月24日から4日間、世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」(日本観光振興協会など主催)が開かれ、全国47都道府県と海外100の国と地域から、1475の企業や団体がブース出展。商談会や観光にまつわるセミナーが所狭しと繰り広げられた。

 大阪・関西コーナーでは、関西で初開催の好機を生かそうと、官民連携で来場者を呼び込み、スポーツや食といった四つのコンセプトを提示。趣向を凝らしながら魅力をアピールした。また、「ダイエット&ヘルシー」ゾーンではニチニチ製薬(西区)が旅のテーマ「旅先でも快チョ〜!オナカの味方」で初出展、自社の乳酸菌FK─23などの乳酸菌商品を展示、「おなかの味方、乳酸菌で体調管理を万全に」などとアピールした。このほか、人気の飲食店を集めた「関西うまいものコーナー」も呼び物の一つ。道頓堀の老舗たこ焼き店「くくる」や人気お好み焼き店「千房」などが出店し、来場者らは舌鼓を打っていた。


pagetop