週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2019/6/29

牧尚人の弁護士対談 社会問題の過労自殺・パワハラを議論

あべの総合法律事務所所属 弁護士 上出恭子
牧法律会計事務所 代表 弁護士 牧 尚人

訴訟で物差し変える

 基本的人権を擁護し、社会正義を実現する表=が、弁護士の使命を全うするため活動を続ける面々と語り合う「弁護士対談」。今回は、社会問題になっている過労自殺やパワハラについて、上出恭子氏(46)=あべの総合法律事務所所属=と共に論じた。文責/深田巧

 牧  上出さんは神戸大法学部の卒業生であり、私の先輩になります。もともと、弁護士志望だったのですか。

上 出 子どもの頃は発展途上国の開発援助をしたいと思っていました。食べ物がなくて死んでしまう実態に不正義を感じ、外務省を目指そうとしたけど、母親から「役人に向いていない」と言われました。

 牧  大阪市生まれ、大阪市育ちですね。

上 出 私は市立の晴明小、阪南中、府立の天王寺高を卒業しました。実家は阿倍野区でいり豆の製造・販売業を営んでいました。隣接する西成区の釜ケ崎(あいりん地区)は戦後、簡易宿泊所が急増して日雇い労働者、失業者が集中し、釜ケ崎騒動を機に福祉対策が進められた歴史があります。外国人が行き倒れになるケースも生じました。私は海外に出るのではなく、ここで地に足を付けて弁護士になろうと思いました。

 牧  当時の神戸大法学部出身者が司法試験に合格する比率は年間250人中10人ぐらいでした。私は神戸大を卒業し、新設の関西学院大大学院司法研究科(ロースクール)に進みました。この弁護士対談の第1回に登場していただいた池田直樹教授に学び、第1期生として2007年に弁護士登録しました。上出さんの弁護士登録は1999年ですね。

上 出 神戸大の「6回生」の時に司法試験合格を果たしました。当時のイメージとして検察官は「悪い人」であり、裁判官については「窮屈」な印象を持っていました。私は「外野」のタイプであり、最初から弁護士志望でした。

 牧  上出さんは過労死、過労自殺事件を手掛けていますが、その実態はどうなっていますか。

上 出 かつては中高年男性の問題でしたが、広告代理店電通の新入社員の女性が過労自殺したことでも分かるように、若年化しています。しかも、男女を問わず、正規雇用・非正規雇用・アルバイトを問わず、問題は広がっています。「ブラック企業」という言葉が認知されているのは象徴的であり、実態は深刻です。

 牧  現在手掛けている訴訟は。

上 出 吹田市の薬局に勤めていた女性が自殺したのは社長や上司によるパワーハラスメントが原因だとして、遺族が会社側に損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こしました。

 牧  どういう内容ですか。

上 出 女性は調剤薬局で事務員として働いていました。社員旅行の幹事を担当し、打ち合わせが午前0時を過ぎることもありました。旅行中は上司に罵倒され、その後、うつ病と診断されました。

 今後の訴訟の予定は。

 私は遺族側の代理人を務め、7月23日の第1回口頭弁論に臨みます。遺族は労災を申請しましたが、労基署が心理的な負担は強くなかったとして労災を認めませんでした。パワハラに対する評価がおかしい。「物差し」を変える訴訟をしなければいけないと考えています。

 牧  印象に残っている訴訟があれば、聞かせてください。

上 出 理学療法士を養成する専門学校に通っていた男性が自殺したのは実習先でのパワハラが原因だとして、妻が学校を運営する医療法人と実習先クリニックを運営する医療法人に損害賠償を求めた訴訟です。

 牧  内容を聞かせてください。

上 出 男性は、指導役の理学療法士から報告書の記入ミスを繰り返し責められました。帰宅後も未明まで課題に取り組み、睡眠時間は一日3時間でした。この訴訟は大阪高裁で和解しましたが、多くのメディアが報じて注目を集めました。

 牧  パワハラ自殺を巡って、遺族と接する際に心掛けていることは。

上 出 なぜ自殺を止められなかったのか、と遺族は思ってしまいがちです。しかし、自殺については、精神的な病気になると「希死念慮(きしねんりょ)」の症状が生じます。会社での働き方が自殺の原因であるため、家族は自殺を止めようがない。「あなたの責任は一切無い。このことは揺るぎない事実だ」と接しています。

(7月27日号に続く)


牧尚人(まき なおと)プロフィル

 仕事を通じて、まだまだ弁護士には相談しにくい、あるいは弁護士の仕事は遅いと思う人が多いと感じ、気軽に相談できるように2回目の相談まで無料で受付。加えてスピーディな対応をウリにしている。業務の遂行には、依頼者の負担を軽くするため、手を煩わせることは最小限に、ムダな費用も省くよう心掛けている。

牧法律会計事務所
大阪市中央区北浜3-5-19 淀屋橋ホワイトビル708号 (淀屋橋駅徒歩1分)
TEL.06-4708-5056
 http://maki-lawfirm.com/


pagetop