週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2019/6/1

ビアガーデン相次いでオープン 

趣向凝らし泡の戦い#Mく

 大型連休が明け、早くもビアガーデンのオープンが相次いでいる。ちょっとぜいたくなアウトドアを指す「グランピング」や、女性客を意識した豊富な品ぞろえなど趣向を凝らしたサービスで競い合っている。

「アメリカ」演出

 阪急ターミナルビル屋上にある、大阪新阪急ホテル直営の阪急トップビアガーデン(北区)は、「キャンプ×アメリカ」をテーマに展開している。

 これまで実施してきた「キャンプ」に新たな要素「アメリカ」を加えた。形状を米グランドキャニオンに見立てた「アメリカンなハンバーガー」や「大鍋アメリカンエッグ」、キャンプ感*檮レ、450グラムの「1ポンドステーキ」とダイナミックなメニューが勢ぞろいする。「グランピング」コーナーでは、4種類のクラフトビールが飲み放題で、料理の盛り合わせ付き。2ブースあり、812人のグループで利用できる。

女性目線も大事に

 高島屋大阪店(中央区)は、ビアガーデンを利用する女性が増えていることを背景に、野菜メニューを強化した屋上ビアガーデン「キラビア ベジプラススタイル」を開催中だ。同店によると、2018年の女性のキラビアの利用率は全体の約45%で、17年に比べ約7%増加した。今年は、野菜を使ったメニューを昨年から10種類増やして約60種類用意した。


pagetop