週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2019/4/27

待機児童2541人、前年比1381人減

 大阪府は、昨年10月1日時点の府内の待機児童数が2541人となり、前年同月に比べて1381人減少したと発表した。施設利用の申し込み数は18万7894人で、利用数は17万5586人だった。

 待機児童のいる自治体は、前年同月から一つ増えて30市町となった。待機児童が増加した自治体は13市町で、減少した自治体は19市町だった。

 府によると、増加した市町では、女性の社会進出などを背景に申し込み者が増えたことや、保育士を確保できずに定員を減らしたことなどが影響したという。

 一方、減少した市町では、保育ニーズの高まりを受け、計画的な施設整備や幼稚園から認定こども園への移行に取り組むなど、受け皿を拡大したことが要因だとしている。

 大阪市は390人で同945人減となり、堺市は480人で同19人増だった。吹田市は96人で同215人減った。


pagetop