週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2019/3/9

東京・新大久保の人気店 市場タッカルビ 道頓堀上陸

韓国に逆輸入され話題に


▲道頓堀に進出した「市場タッカルビ」。手前は「大阪チーズフォンデュ」(右)と「UFOチキン」

 コリアン・フードの聖地、東京・新大久保で行列が絶えない人気店≠ニして知られる「市場タッカルビ」が、5店目で初の西日本進出を大阪市中央区道頓堀に果たした。大阪にちなんで「大阪チーズフォンデュ」(2680円)と名付け、たこ焼きとどて焼きぐしを2種のチーズを付けて食べる新メニューも開発し、早くも話題になっている。

 道頓堀の戎橋東側すぐで、1階のツルハドラッグ店内を入ってエレベーターに乗り4階に上がると「市場タッカルビなんば道頓堀店」がある。330平方m約200席の大型店だ。

 タッカルビは、韓国北東部の江原道春川市の郷土料理。鶏肉とキャベツやタマネギなどの野菜を入れ、甘辛いコチュジャン(唐辛子みそ)を絡ませ、鉄板で炒める。

 「市場タッカルビ」は2005年の1号店開業時からモッツァレラとチェダーのチーズ2種を熱して溶かし、フォンデュのように絡めマイルド味にして食べる「チーズタッカルビ」(2280円)を考案。本場・韓国にも逆輸入され話題となった。また4種の味のフライドチキン計16個を同様にチーズに絡めて食べる「UFOチキン」(2480円)もある。

 同店では「大阪は在日コリアンの方はもちろん、インバウンドの韓国からの旅行者もずばぬけて多い土地柄。そこで私たちの提案する韓国郷土料理が受け入れられれば、自信になる。うまい韓国焼酎のマッコリや真露もあるのでぜひ味わって下さい」と話している。


pagetop