週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2019/3/9

ゲームを使ってお金の勉強 

子ども向けマネーセミナー


▲収入と資産は緑、支出と負債は赤の色分けで分かりやすい

▲投資をしながら不労所得を増やしていく

 「FPとゲームで学ぶお金の授業 FOR キッズ」が2月21日、大阪市都島区のマナパークで開かれた。お金のことを学ぶために開発されたボードゲーム「キャッシュフロー for キッズ」を使い、お金に関する基礎的な知識を子どもたちがファイナンシャルプランナーから学ぶもの。不労所得を増やすことで一向に資産が貯まらないラット・レースを抜け出すことがゲームの目的で、子どもたちはゲームを進めていくうち自然に「勤労所得」と「不労所得」、「資産」と「負債」、「損益計算書」と「貸借対照表」の違いなどを理解していた。

 参加した子どもの保護者らは「学校では教えてくれないお金のことについて学ぶことができてよかった」「不労所得で生活費よりも多く稼ぐことで、ラットレースから抜け出せることを体験させてあげられてよかった」と話していた。

 マナパークでは、月に1回のペースでキャッシュフローゲームを使った子ども向けのマネーセミナーを開催している。次回開催は3月9日(土)午前10時から正午。参加費は一人1000円。対象年齢6歳以上(保護者同伴)。今後の開催日はマナパークHPで確認できる。


子育て応援サロン マナパーク

大阪市都島区都島本通3−19−4 1F
電話06(6115)7077
(月〜木 10時〜17時・ドットコムホールディングス内)
http://mamacom.net/manapark/


pagetop