週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2019/2/9

地域防災計画を強化 

北部地震や台風教訓盛る

 大阪府防災会議(会長・松井一郎知事)が1月25日、大阪市内で開かれ、府内で発生する地震や水害などへの対策をまとめた府地域防災計画の修正案を承認した。昨年の府北部地震や台風21号被害で得た教訓を踏まえ、市町村に対する支援の強化や、出勤・帰宅困難者への対応策を新たに盛り込んだ。

 同計画では地震や津波、鉄道災害などを想定し、府や市町村、関係機関の対応や復旧策を総合的にまとめている。昨年発生した災害の教訓や、将来的に発生が懸念される南海トラフ巨大地震に関する有識者らの検討委員会の提言を踏まえ、内容を見直した。

 主な強化策では、府が市町村の応急対策を担うため派遣する「緊急防災推進員」を、普段、市町村が行う訓練に参加させて習熟を図る▽市町村との連絡や調整を担う府の「災害時現地情報連絡員」の派遣体制の整備▽交通機関や道路の情報について、利用者が自ら、次の行動を判断できるような提供に取り組む─など。


pagetop