週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2019/1/12

第6回 高校生ビジネスプラン・グランプリ

地区プラン発表会


▲軽音楽部の仲間と一緒に演奏を交えてプレゼンを行うファイナリストの涌嶋さん(左から2人目)

 日本政策金融公庫が主催する第6回「創造力、無限大∞高校生ビジネスプラン・グランプリ」のファイナリスト(上位10組)とビジネスプラン・ベスト100の入賞者を対象とした「地区プラン発表会&表彰式」が、北区鶴野町の関大梅田キャンパスで開かれ、高校生の柔軟な発想力やパワーポイントを活用した分りやすいプレゼンテーションに創業支援関係者らも熱心に耳を傾け、アドバイスを送っていた。

 エントリー件数(2018年・4359件)が増える中、今回初入選した市立鶴見商業高から、大阪では2年ぶりに同校3年涌嶋茜さんが「ファイナリスト」に選出された。

 また、常連校の四條畷学園高や府立三国丘高をはじめ、大阪府内から8つのグループが「ベスト100」以上に入賞した。

 12月25日の発表では同金融公庫大阪創業支援センター所長、比留間大輔さんの開会のあいさつに続いてプレゼンでは、ファイナリストの涌嶋さんがプラン名「訪問演奏(演技)紹介センター 〜優しさで広げよう歌と踊りの輪〜」で発表。涌嶋さんのビジネスプランは演奏(演技)したい中・高生たちとレクリエーションを求める福祉施設などをマッチングするアプリを開発した。軽音楽部長の涌嶋さんは自身の豊富な演奏体験から実際に親しみやすい歌謡曲を部員仲間と演奏するなど優しさと行動力に溢れるプレゼンを行い、参加者らも興味深く聞き入る光景がみられた。


pagetop