2017/4/22

ママの再就職を応援 人手不足なら、辞めない仕組みに

株式会社スニップ スタッフを増やして多店舗展開


スタッフの活気にあふれるスニップのサロン

 おしゃれで華やかなイメージの美容室業界だが、その多くは深刻な人手不足に陥っている。

 カリスマ美容師≠ェブームになった1997〜2004年には、美容専門学校への入学者は最も多い年で約2万7千人。しかし現在は、当時の3分の2ほどで1万人も減っている。卒業生の大半は大手サロンに入社し、中小の美容室に人材が回ってくることは少ない。このため、お客は増えたがスタイリストがいないという状況が続いており、多店舗展開が思うように進まない企業は多い。

 一方、従業員の離職も課題だ。朝早くから出勤し、閉店後は研修で技術を磨く長時間労働なども影響して、入社から1年以内に半数が、3年後には8割が退職しているという。

 ところが、こうした負のスパイラルが業界を取り巻く中、着実に出店を続ける企業があった。都島区に本店を構えるSnipだ。同社は1997〜2016年の間に8店を増やし現在、大阪市内に9つの美容室を展開するまでに発展した。業界全体が人手に悩む一方で、従業員も年々増やし、今では60人を抱えている。

 同社にはなぜ、このようなことができたのか。

採用するかどうか、全員で選挙

ユニークな採用方法

 一般的にスタッフを採用する場合、面接は経営者などの幹部が行うが、同社はスタッフ全員で面接官を務めるユニークな採用を実施している。

 選挙のように全員が1票を持ち、採用するかどうかは投票数で決定。代表の持ち票も他のスタッフと同様の1票だ。この方法を行うことで、先輩は新入社員を育てるという責任感が生まれ、一緒に頑張る意識が芽生えたという。

 ただ、この採用を効果的に行うためには、一方で多くの応募が必要になる。地域でのブランド形成、専門学生への知名度アップのため、同社は広告などで積極的かつ地道に認知を広げている。

 学生への説明会に関しては、他企業が1、2回程度行っているのに対し、同社の実施数はその3倍以上となる5、6回だ。効果はてきめんで入社希望の数は実施前に比べて5倍近くまで増え、より自社に合う人材を選べるようになった。

人が辞めない職場環境

 人が辞めなければ年々スタッフは増える─。その職場環境は大きな特徴の一つだ。完全週休2日、社会保険などの基本的な待遇はもとより、同社は仕事のやりがいや楽しさを最重要視する。技術だけでなく人間としても成長できるように、1年目から責任のある仕事を任せられる。

 また、自発的なアイデアもどんどん採用。スタイリスト自身が手掛けたモデルと一緒にカフェをリポートするブログ「中崎町カフェガール」や、地域での奉仕活動、ヘアケア商品の自社開発などは、いずれもスタッフが発案したものだ。

 挑戦したいことは何にでも取り組めるという企業文化も、社内に活気を与えるポイントになっている。

 同社の清水会長は「人間関係を悪くしたい人はいない。だから、自分の個性を生かし、楽しく働ける職場というものが重要です。そのためにスニップとはどんな会社なのか、スニップで働きたいと思ってもらえるような活動を続けています」と話している。

 今や美容室経営の要は、人材確保と言っても過言ではない。ただ「集まらないから仕方ない」と思うのではなく、考え方一つでうまく乗り切ることができ、それを企業の強みに変えることもできる。そのことを同社が現実として教えてくれている。


美容室merry

「支えてくれる、みんなの助けになりたい」

お客様も従業員もmerry(喜び・幸せ)に

 「職場が支えてくれるから、子育てに忙しくても頑張れる」と話すのは、城東区の美容室merry(メリー)でスタイリストを務めながら、3人の子育てを両立する中田和枝さん。

 以前、店が忙しい時期に、子どもが2カ月も入院することになってしまった中田さん。もともと子育てに理解のある店だったが、「さすがにこの時は辞めないといけない」と思ったという。

 しかし、長期休暇を打ち明けると、オーナーとスタッフは嫌な顔ひとつせず、「えっ、子どもさんは大丈夫?」と逆に心配してくれた。


子育て中の女性が働きやすいように、野田店には企業内託児所を併設。蒲生店勤務者も預けられる

 これがきっかけで「子どもがもう少し大きくなったら日曜や祝日も働いて、みんなの助けになりたい」と思うようになったとか。「働きやすい条件よりも、理解して支えてくれるスタッフの存在は大きい」とイキイキとした表情で話してくれた。

 オーナーの黒川洋司さんは「技術はもちろん人間性は大切。ママさんスタイリストは育児中のお客様の気持ちに寄り添えるかけがえのない存在です。お客様も従業員もみんながmerry(喜び・幸せ)になる環境をこれからも作っていければ」と話している。

子育て中でも美容師を続けられる
週2〜3、夕方まででもOK!
無料の企業内託児所完備

◎週2〜3回、10:00~16:00(応相談)
◎時給or歩合(最低保証制度あり)
◎社員登用、社会保障制度あり
◎交通費支給(社内規定内)
◎勤務地(下記いずれか)
@merry野田店/福島区吉野3-8-1 2F
 ※同じフロアに企業内託児所完備
Amerry蒲生店/城東区今福西1-11-3
 ※企業内託児所を利用する場合は、野田店までの移動時間も時給の対象

お問い合わせはmerry野田店 

06(6460)7222


GAJIN

自由なスタイルで、自分らしく働ける

美容師の黒田文子さん(36歳)

「お客さんが喜んでくれる事がやりがいです!」

 「出産してブランクがあっても広〜い心で迎え入れてくれる、大家族のような美容室」と笑顔で答えるのは、2歳のママであるスタイリストの黒田文子さん。復帰して2年目だ。9時に出勤し17時半まで働く。

 「毎週日曜、月曜と連休が取れるのが魅力。家族との時間も大切にしながら責任ある店長を目指す事もできる。子どもが熱を出した時は、仲間がカバーしてくれるのでありがたい」と、人情あふれるサロンであることを伺わせる。

 主宰の中尾雅人さんは、「せっかく身に付けた技術を結婚や出産で使えずに眠らせているスタイリストも多い。これからの働き方として、スタッフのライフスタイルに順応し、ママスタッフが活躍できる環境をどんどん作って行きたい。短時間からのスタートもOK。未経験でもやる気さえあれば、もちろん、ウエルカム!」と語る。積極的に人材を育てる店づくりに取り組んでいる。

GAJIN 本店
大阪市都島区都島本通1−6−18

●GAJIN see(北区同心町)
【休日】日、月、祝
【時間】9:30〜17:30
【給与】技術者23万〜  未経験・アシスタント 17万円〜
【待遇】交通費支給、賞与有、各種社会保険有 夏季、冬季休暇

●GAJIN本店・OWW(都島区)
【休日】月、第2・3火曜、他月2日回
【時間】10:00〜20:00
【給与】技術者25万〜  未経験・アシスタント 18万円〜
【待遇】交通費支給、賞与有、各種社会保険有 夏季、冬季休暇

■パート・アルバイト同時募集/時給950円■

お問い合わせは GAIJN 本店

06(6927)3131


今週号

PCでも紙面が
そのまま
閲覧可能です。
【京阪版】
【市内北東部版】

スマートフォン用
【京阪版】
【市内北東部版】

畑山博史のわかるニュース

おやこ新聞

読者プレゼント

中学入試問題

読者アンケート集計結果

間違い探し

情報提供フォーム

鳥取発!紙上ショッピング

都島ドット・コム

ニーズサービス