2015/6/13

そうやったんや! 畑山博史のわかるニュース
自転車取り締まりの新制度 携帯利用、イヤホンもNG?

自転車取り締まり強化で何が変わる?

 6月1日から施行された改正道交法が話題になっているね。大阪市民にとって自転車は生活必需品。具体的にどんな運転が違反になるのかを解説しよう。

 今回の改正道交法では、酒酔い運転やブレーキのない自転車の運転など14項目を危険行為に規定。こうした運転に対し、これまでの赤色交通切符が切られるのに加え、3年間で2回切符を切られると講習を受けなければならなくなった。

 運転免許を持っている人への青切符は、免許のいらない自転車利用者には適用できず、いきなり検察庁から罰金刑に当たる赤切符がくるようになるんだ。2枚たまると3時間の長〜い講習を受けなければならなくなる。拒否したら5万円の罰金。14歳以上が対象で、5700円の受講料もかかるんだ。

どんな運転がアウト?

 悪質な自転車運転を取り締まる改正道交法だけど、具体的にどんな行為が危険運転にあたるんだろう。

 まずは、傘を差しながらの運転はNGだ。「ではさすべえ≠烽セめなの?」という声が聞こえてきそうだけど、こちらは使用が認められている。要するに、携帯電話や傘などを持って、片手運転をしてはいけないっていう法律なんだ。ただし、さすべえの傘で視界を妨げてしまってはいけないよ。

 このほかに、大都会・大阪の繁華街や広い道路で特に自転車が気を付けなければならないことはないんだろうか。「歩道通行可」を過信して、歩行者と接触や衝突することだね。こちらは車だからちょっと接触しただけでも歩行者が大けがをする場合があるからね。

 車道逆走も極めて危険だ。ドライバーからすれば急に視界に飛び込んでくる自転車は避けようがない。まして、夜間にライトを点けずに逆走するなんて自殺行為だよ。ライトの点灯は、自分の視界を明るくするよりも、歩行者や車に自分の自転車の存在を知らせる意味の方が大きいんだ。

 あと、高校生や中学生に多いのが、荷台に立ったりする2人乗りと、イヤホンを両耳に入れたまま走ったりするケース。それと友達同士で横並びになっての自転車運転。こうした運転も全部、改正道交法でアウトだからね。

スピード出し過ぎも気を付けて

 最近気になるのは、女性や高齢者の電動アシスト自転車による、知らず知らずのスピード超過。本人たちは気付いていないけれど、スピードが出て接触すれば結果は重大な事故に陥る。あと、子どもを乗せる専用シートはほとんど付けられているけど、ヘルメットをかぶらせていないお母さんが相変わらず多い。もし転倒したら、子どもは頭が重いから放り出された時に大きなけがを負うリスクが高い。

駐輪場不足の問題も

 大阪では行政側の自転車利用者に対する配慮がまだまだ足りないのも事実なんだ。

 平松邦夫前市長の時代に御堂筋で実証実験された自転車専用レーンも、橋下徹市長になってまったく聞こえなくなった。駅周辺の駐輪場も全然足りないしね。自転車にやさしく、自転車が市民と仲よく共存できる街に、早くなってほしいな。


自転車の人身事故 大阪は全国最多

 大阪府は、自転車がらみの人身事故が2014年に1万3000人を越え、全国最多に。昨年の府内交通事故死者数143人のうち、自転車に乗っていた人の死者率が25%近くにのぼり、こちらも全国ワーストだ。全国的に交通事故は減少傾向にあるが、自転車がからむ事故は常に2割程度を占めており、率で減っていない点も今回の改正道交法で問題視された。

自転車運転者講習の対象となる危険行為

1 信号無視

信号機の信号等に従わないこと

2 通行禁止違反

道路標識で自転車に通行が禁止されている道路を通行する行為など

3 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)

歩行者のため、通行禁止が標識で表示されている道路を、歩行者に注意して徐行しないこと

4 通行区分違反

道路の中央から右側部分を通行する行為など

5 路側帯通行時の歩行者の通行妨害

路側帯を歩行者の通行を妨げるような速度や方法で通行する行為

6 遮断踏切立ち入り

遮断機が閉じようとしている時、閉じている時、警報器が鳴っている間に踏切に入ること

7 交差点安全進行義務違反等

優先道路を通行する車両等の進行を妨害する行為など

8 交差点優先者妨害等

交差点で右折時における、直進又は左折車両等の進行を妨害する行為

9 環状交差点安全進行義務違反等

環状交差点で他の車両の進行を妨害すること

10 指定場所一時不停止等

指定の場所で一時停止しないこと

11 歩道通行時の通行方法違反

歩道通行時に歩行者の通行を妨害する行為など

12 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転

ブレーキ装置がなかったり、ブレーキの性能が不良な自転車で走行する行為

13 酒酔い運転

お酒を飲んで、よった状態で自転車を運転すること

14 安全運転義務違反

他人に危害を及ぼすような速度や方法で運転する行為※携帯電話を使いながら運転するなど