2013/4/27

私たちにもできることがある 
大阪女学院 中学校・高等学校

中高生38人が被災地・大船渡市、陸前高田市でボランティア活動

支援の会を代表して高校2年生の2人にインタビュー
「行ってよかった」「1回限りではなく、続けたい」

 大阪女学院では、東日本大震災の直後から生徒たちが中心となって「東日本大震災被災者支援の会」を立ち上げた。文化祭や玉造駅での街頭募金を行ったり、被災地のワカメ養殖漁師へ漁で使うサンドバッグを手縫いで作業し、送ったりと積極的に活動を続けている。春休みには、有志の生徒たち38人が、被災地の岩手県大船渡市などを訪れ「ボランティアキャラバン」を実施した。

私たちも役に立ちたい

古口先生

 「生徒の志を甘く見ていた」−。支援の会が発足して以降、被災地をすでに2回訪れている担当の古口羊子先生はこう話す。ボランティアキャラバンの活動拠点となる「カリタス大船渡ベース(基地)」に宿泊できる人数は17人。今回参加の呼びかけに応じる生徒もそのくらいの人数だと読んでいたが、予想をはるかに上回る38人の生徒が参加を希望した。急きょ付近のビジネスホテルも借りて対応することになった。

 保護者の同意書をはじめ、交通費は自己負担などの条件だったが、「『お年玉で行くから』と親を説得した」など生徒の積極性に古口先生は驚いた。

目的を共有するから頑張れる

 初日は陸前高田市の市役所跡などを視察。震災によるがれきはすでに撤去されていたが、更地になっていた現地をはじめて見る生徒たちは被災地の風景に「色がない」と言葉を失った。震災から2年が経過するが、ほとんど復興が進んでいないと生徒の多くが感じたという。

 2日目以降は実際にがれきの撤去や側溝のヘドロ除去などの作業に携わった。重い鉄パイプや大きな石などを手作業で撤去していく。ある生徒が「なぜ重機を使わないのか」と同行した地元住民に尋ねた。「まだ遺品や遺骨があるから」という答えに生徒らは思わず胸をつまらせた。

 作業を終えてベースに戻ると、ボランティア同士で情報交換する「分かち合い」が行われる。「一人だったらあきらめていた。みんながいたから頑張れた」「がれきはまだまだ多く、広範囲に拡がっている。やってもやっても前に進む感じがしなかったが、他所での活動を聞くうちに頑張ろうと思えるようになった」などと生徒らは感想を共有した。

 大船渡市の「盛駅」付近で行った側溝のヘドロ除去は、古口先生や生徒に強い印象を残した。 側溝の重いふたを開けると、2年間詰まりっぱなしのヘドロが異臭を放っていた。

 ヘドロをかき出しバケツに入れて軽トラックまで運ぶ。トイレの臭いもダメ≠ニ言っていた生徒もヘドロまみれになりながら、もくもくと作業を続ける。ハードな肉体労働だったが、全員で力を合わせて30mほどの側溝を元の状態に戻した。

 一緒に作業をした地元団体からは、「ここ数カ月の作業で今日が一番大変だった。女子中高生には正直厳しいと思っていたが、この子たちは本当にすばらしい。先生、しっかり褒めてあげてください」と感謝の言葉が送られた。

心の変化

 出発前には、親から「自分のこともままならないのに、足手まといにならないのか」と言われたり、「ボランティアはできた人がやるもの」と思っていた生徒もいた。だが、「中高生でも人の役に立つことできた」「現地の人からありがとう≠ニいう言葉を言われ、普段気に留めない言葉だったけど今日は特別にうれしかった」「今を大切にしたい。大阪に戻ったら何気なく接する家族や友人との時間を大切にしよう」などと、生徒らは活動を通じて多くのことを学ぶことができた。


Q.「あなたにとって大阪女学院はどんな学校?」
A.「第2の家」(田守さん、左)、「大好きな場所」(福田さん、右)

 参加した生徒の田守来留美さんは「活動の半ばでメンバー全員が家族のように団結しはじめた。今回の集団生活を通じて私自身、ご飯の準備などを率先してやるようになり、誰かのために行動できるように変わった」。福田紗弓さんは「思いを持って″業することができた。この活動を1回限りではなく、続けたい」と話していた。

大阪女学院 中学校・高等学校

大阪市中央区玉造2-26-54
06(6761)4451
http://www.osaka-jogakuin.ed.jp
【交通】JR環状線「玉造駅」徒歩8分、
 「森ノ宮駅」徒歩12分、
 地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」徒歩3分、
 地下鉄中央線「森ノ宮駅」徒歩12分

オープンキャンパス情報
中学校【小学5・6年生対象】

第1回 5/11(土)9:30〜11:00
第2回 6/8(土) 9:30〜11:00
第3回 6/8(土)13:00〜14:30
※参加申込はホームページにて

今週号

PCでも紙面が
そのまま
閲覧可能です。
【京阪版】
【市内北東部版】

スマートフォン用
【京阪版】
【市内北東部版】

畑山博史のわかるニュース

おやこ新聞

読者プレゼント

中学入試問題

読者アンケート集計結果

間違い探し

情報提供フォーム

鳥取発!紙上ショッピング

都島ドット・コム

ニーズサービス