2013/3/9

私立中学校を選ぶ基準は?

 私立中学は6年間の中高一貫校が主流だ。学校に求めるものも、各家庭で違う。進学実績なのか、多様性か、校風か、親はどういう価値観で学校を選んだらよいのか。中学受験における学校選びの新基準を考える。

なぜ中学受験をさせるのか?

 志望校選びのポイントは偏差値や大学進学実績だけでなく、子ども自身がその学校に合うかどうかが重要なポイントだ。学校でかなりの部分の面倒を見てほしいという人もいれば、その学校に通う優秀な子どもたちの中に入れることに意味を見出す人もいる。

 一方で費用の面だが、「私立中は授業料が高いというが、実際には公立の中学に通わせて高校受験のために塾代を払っていくととほとんど大差はなくなる」とある私学関係者は話している。

難関大狙いでも教え方は千差万別

 灘(神戸)や甲陽(西宮)、東大寺(奈良)、大阪星光(大阪)などの最難関校に対しては、尻をたたいて首根っこを捕まえて勉強させてもらうことを期待してはいけない。これらの関西の最難関校は補習はやってくれるが、学年によっては宿題すらほとんどない場合もある。四天王寺(大阪)なども、レベルが上がってからは、スパルタはなくなった。ただ、これらの学校は授業の内容が厚く、進度も速いため、生徒たちは勉強せざるを得ないという状況にある。


▲夏休みの合宿勉強会=追手門中学校

 しっかりと毎日の予習、復習をやっていかないと授業についていけず、そのうち呼び出し・補習という学校は多い。大阪桐蔭、大阪学芸、開明、清風南海スーパー特進などがこれに該当する。大阪の大谷中学の医進・特進もこれに近い。西大和は、「塾に行くヒマがないほど、学校での勉強が忙しい。大阪星光に追いつけ、追いこせと頑張らせてきたことは有名だが、今は東大寺をターゲットに考えている」(西大和学園OB)。

 中学受験では、西大和を選択する家庭も増えているという。

 清風中学(大阪)は、バンカラの校風。それに対し、明星は校舎も明るくきれいで、スマートな感じを受ける。実際に子どもを通わせる親からは、清風に「行かせてよかった」という評価が多くあり、生徒たちも「学校生活は楽しかった」という話をよく聞く。

 これに対して明星は、親の評価は真っ二つに分かれる。上位クラスの生徒の保護者は「学校がとてもよく面倒を見てくれた」。下位クラスの生徒の保護者は「6年間を返してほしい」。同じ学校でもこれほどまでに評価が分かれる。

多様性にも着眼

 中学受験といっても偏差値ばかりに軸足を置いた学校ばかりではない。勉強に力を入れている学校、スポーツが盛んな学校、寮のある学校、男子校、女子校、共学校、しつけの厳しい学校、何事も自己責任で行っていい自由が売り物の学校などさまざまだ。

 帝塚山学院(大阪)はその多様性の最たる見本ではないだろうか。関西学院大に内部進学できるクラスが人気の一方で、美術や映像、イラスト、マンガ、音楽などの専門分野を本格的に学べるヴェルジェコースがある。学校生活を送る中で、勉強に目覚めた場合には難関校受験に切り替える柔軟性も備える。


▲パソコンを操作してマンガを制作する生徒たち=帝塚山学院

 こういったことは学校主催の説明会である程度知ることができ、塾でも教えてもくれる。しかし、「最終的には、実際に自分の子どもがその学校に入ったときに、どういう扱いを受けるのかを、親が真剣に考えてあげないといけない」(私立中学保護者)。

 では、わが子に合う学校かどうかを見極めるにはどうしたらよいか。それは実際に自分の目で見ることだ。

 何度も説明会に足を運び、学校の雰囲気を確かめる。志望校の登下校時の生徒の様子を見るのもいい。心配なら普段の学校の授業などを見学させてもらうことだ。学校側は見られるとまずいと思われたくないので、基本的には見学させてくれるはずだ。こうした行動は6年生になると受験前で忙しくなるので、中学受験を考えている家庭は5年生のときからはじめ、志望校の実態を把握しておきたい。

子の個性伸ばす学校選びを


▲学習塾を運営しながらも「子どもの個性を伸ばし、生きる力を身につけさせることの方が大事」と話す福盛さん

 学習塾の京大個別指導学院・個別指導キャンパスを運営する福盛訓之社長は、「今の親世代は偏差値一辺倒の教育のもとで学校に通っていた背景があるため、子どもにも偏差値の向上を強いる傾向がある」と指摘。「子どもの個性は学力だけでなく、リーダーシップをとれる子であったり、絵が上手だったり、みんなから信頼される子であったりそれぞれ良さがある。こうした個性を親がしっかり見つめてあげないといけない」と警鐘を鳴らす。

 確かに、数値として出される大学の合格実績が学校選びの基準になっている面が強い。一方で、子どもの力を伸ばす校風などは表面からは非常にわかりにくい。福盛さんは「よく考えてほしいのは、偏差値70以上を求めれば、それは上位3%しかない。では残りの97%の子はダメなのか。人間評価は学力で決まるのではない。それは今の社会が証明している。子どもが夢中になれることをしっかりと見つけてあげ、それを伸ばす環境を整えてやることが親の責務ではないか」と話している。

国公立大医学部に強い主な関西の20校

@灘(兵庫)
A東大寺(奈良)
B甲陽学院(兵庫)
C洛星(京都)
D智辯学園和歌山(和歌山)
E洛南(京都)
F四天王寺(大阪)
G西大和学園(奈良)
H大阪星光学院(大阪)
I高田(三重)
J清風南海(大阪)
K長田(兵庫)
L高槻(大阪)
M白陵(兵庫)
N北野(大阪)
O京都教大付(京都)
P天王寺(大阪)
Q大阪教大付池田(大阪)
R大阪教大付天王寺(大阪)
S奈良学園(奈良)