週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

スウェーデン入れ歯 虫本栄子の入れ歯外来

高齢者の健康と感染症予防 “噛める歯”と“清潔な口腔環境”の実現を

 都島区の「虫本歯科医院」に併設された入れ歯外来で「スウェーデン入れ歯」を施術する歯学博士の虫本栄子氏にお話を聞いた。
 新型ウイルスの影響により生活に支障が出ている方、日々、不安な思いを抱かれている方々を案じます。今こそもう一度、自身の健康、運動、栄養を見直してください。
 高齢になると、咀嚼(そしゃく)の筋力が衰え、唾液の分泌量が減り、口腔(こうくう)機能が低下している方が多いです。口腔内の状態が悪化すると、話すことや、外出の機会が減る要因にもなり、社会との関係が希薄になることから気力や体力の低下に繋がります。そして「食べているつもりでも栄養がきちんととれていない状態」が起きると、老化は急激に進むといわれています。
 全身の健康に関わる統合的な観点で、口腔内のコントロールをはじめましょう。その取り組みの一つでもある、歯肉や舌、咽頭、入れ歯に付着している菌を除去しやすい口腔環境作りは、感染症予防にも大きく寄与します。
 私が独自の研究から得た治験を元に施術している“スウェーデン入れ歯”は、「自らの咀嚼筋を使って噛むこと」や、「衛生的で日常ケアがしやすくすること」をサポートしています。
 まずは「部分入れ歯」。こちらは歯垢(しこう)の付着を抑制できるよう、入れ歯の構成要素を、残っている歯からできるだけ離します。唾液の流れが阻害されず、自浄作用も高まる仕組みを作るのです。“歯周病”の抑制効果や、“糖尿病”の方にも有益です。見た目も美しいデザインです。
 そして入れ歯安定剤がいらない「総入れ歯」。咀嚼(そしゃく)時に入れ歯が動揺しないよう、噛み合わせも縦、横、高さの三次元測定で調整しておりフィット感は◎。脳機能を活性化させる“噛む力”はもちろん、残された歯や組織を衰えさせない設計です。
 着手時期や施術のスケジュールもしっかり相談しながらすすめていきましょう。

住所・連絡先


都島区東野田町5-7-5(新京橋商店街内)
http://www.mushimoto.com
【地図】
電話 06-6921-7062(電話で「日日新聞見た」とひと言)


pagetop pagetop