週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

市民サークル のどトレカラオケ倶楽部

楽しく歌って肺炎予防 「のどトレカラオケ倶楽部」スタート

 高齢者に誤嚥(ごえん)性肺炎の患者が増え、物をのみ込む力の重要性に注目が集まっている。こんな中、正しい喉の鍛え方を楽しみながら普及させようと「のどトレカラオケ倶楽部」が開設され、大阪市北区や城東区、八尾市で体験レッスンを始める。
 政府統計による平成30年の死因順位別をみると、悪性新生物(がん)、心疾患についで誤嚥性を含めた肺炎が第3位という。また肺炎で亡くなる日本人の約98%は65歳以上というデータもあり、喉の筋肉が衰えてむせたり、食べ物が食道ではなく、気管に入り込むことが原因と考えられている。
 同レッスンは歌うことで喉の筋力を鍛え、健康な食事を目指す。誰でも一度は口ずさんだことのある童謡や唱歌、懐メロ、歌謡曲などボイストレーニングやカラオケで脳と体に刺激を与えながら仲間と一緒に楽しみ、最終回には歌手気分で、レコーディングも行う。
 同クラブ代表で音大出身の桝田裕美子さんは「トレーニングを継続すれば確実に機能向上が見込める。食事を楽しむために気軽に参加してほしい」と呼び掛けている。

■各会場
●梅田総合生涯学習センター
大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5-6階【地図】

●グランフロント
大阪市北区大深町3-1 北館5F【地図】

●城東区民センター
大阪市城東区中央3-5-45 (城東区複合庁舎)【地図】

住所・連絡先


城東区中央3−1−23
【地図】
電話06-6337-1217


pagetop pagetop